お金借りる審査

ペアローンやめた方がいい?親子ローンのタイプとお金借り入れの注意点 住宅ローンとの違い

更新日:

親子ローンとは 親子で住宅ローンを引きつぐ

親子ローンとは、親子で住宅ローンの返済を引き継ぐタイプのローンです。

親子ローンの違いは各金融会社によってあります。

75~80歳までに住宅ローンの返済をすることに決まっています。

1つの住宅のローンを親子の間で引き継ぎ、ローンの返済を行う方法が親子ローンです。

親と同居する、もしくは2世帯住宅を建てるといった場合に向いています。

住宅ローンを50歳や60歳になってからは長い期間借りることはできません。

年齢が50歳を過ぎると、審査の段階でフラット35を利用したくても断られてしまうといいます。

1人で組むよりも融資条件をクリアしやすい親子ローン

ローンを1人で組むよりも融資条件をクリアしやすい親子ローンなら、借入金額を多くしたり、返済期間に余裕を持たせることもできます。

たとえ60歳以上の人でも、25年~35年の長期のローンを親子ローンにすれば借りることができます。

二世帯住宅や、将来は親子で同居したいという人にとっては使いやすいローンです。

お金を借りる融資を親子で受け、一緒に返済することができるようになります。

金融会社の信用評価もかなり高くなるでしょう。

この先同居を予定しているか、現在同居している親と実子または養子が親子ローンを組むことが可能です。

購入する住宅は親子や親子の家族が同居する目的である場合に限られます。

親子が共有しているか、またはどちらかかが所有していることが必要です。

安定した収入が親子どちらにもあること、親の連帯債務者に子がなることなどがほかに必要となります。

金融会社によって親子ローンの条件はさまざま異なります。

親子共々団体信用生命保険に加入することなどが条件になることもあります。

親子ローンを借りるときの注意点

親子ローンは、住宅ローンの返済を親子で引き継ぐローンで、いろいろと長所があります。

実際に親子ローンを組む場合には、親子共々理解した上で納得するためにも、しっかりと親子で話し合って本当にそれでいいかよく考えることが大事です。

自分の住宅ローンを組むことは、親子ローンを借りている時に、あらためて子どもが家を購入しようとしてもできないのです。

親子ローンを組んだ時点で、子どもは既に連帯責任者になっていることがその理由です。

少し決断が早すぎるといえるのは、まだ結婚していない子どもが結婚後の生活スタイルが決まっていないうちから、親子ローンを親との同居を前提として組んでしまうことです。

子どもの場合、将来的な転勤や、遠隔地への赴任の可能性もあります。

選択肢を将来的に狭めてしまうことが、住宅を購入することによってないようにしましょう。

住宅ローンを親が主導で検討し、親子ローンを組む時に大切な決定に子どもが関係していないこともあるそうです。

安易にローンを組んだことによって、もしかしたら後々それが重荷になることがあるのではないでしょうか。

親子間のトラブルが何らかの理由で起こって、一緒に住めなくなる場合もあります。

人は生きていればどんなことが起きるかわかりません。

実際に親子ローンを組む場合に必要なのは、親子できちんと話し合うことです。

親子ローンを借りる前に種類をチェック

親子ローンには、親子リレーローンと、親子ペアローンの2種類があります。

親が先に住宅ローンを返済し、子どもが途中から返済を引き継ぐのが、親子リレーローンの特徴です。

実際に親子リレーローンを組むために必要なのは、子が親の連帯債務者に、親子が同居するという前提となることです。

ローン審査を受けるときに、親子リレーローンの場合は親の収入の範囲なら子どもの収入も合算してれることがメリットです。

ローンを親だけ、子だけで組む時よりも増やせるのが借入金です。

新築の家に家族全員で住むという願いもかなうでしょう。

とくに親子リレー返済の中でも人気なのが、住宅金融支援機構のフラット35で取り扱っているローンです。

一方、親子ペアローンは親と子がそれぞれ融資を受け、一緒の家を買う資金にするというものです。

親が子の、子が親の連帯債務者になるのが、親子ペアローンのきまりです。

それぞれ親と子が単独債務者になって返済をするのが、リレーローンと異なる部分です。

ペアローンのメリットとは?

ローンをそれぞれの収入に基づいて利用できるのがペアローンのメリットです。

一般のローンよりたくさん借り入れすることも不可能ではありません。

親子がどちらも固定資産税の軽減をすることができるのも良いところではないでしょうか。

親子リレーローンと親子ペアローンのどちらがいいのでしょうか?

きちんとそれぞれの特徴を分かったうえ検討するのがおすすめです。

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.