シンママキャッシング

シンママがお金を借りる前にキャッシングカードローンがおすすめ 借入する際起こったトラブル

更新日:

シングルマザーはお金借りれる?

子供をひとりで育てているシンママ。

夫がいるママと違い、仕事も子育てもすべて自分の責任になるいうのは、とても大変です。

一生懸命に働いても、子供の保育料はバカにならないし、病気をすれば仕事を休まねばならなくなることもあるものです。

それに、学校やクラブ活動、友達とのつき合いなど、子供のための出費は重く家計にのしかかってくるものです。

日頃は頑張って節約生活をしていても、急な出費でどうにもならなくなることもあるかもしれません。

実家の親に気軽に頼ることができればよいですが、そうもいかないシンママもいるでしょう。

友人にお金を借りるのはやめておきましょう

つい友人にお金借りることを考えることもあるかもしれません。

金銭の貸し借りというのは、友情を壊す最たる原因です。

貸すほうと借りるほうに上下関係ができるのはもちろん、すぐに返せなければ気まずい空気が流れるのはいうまでもありません。

ほんのわずかなお金借りるのがきっかけで、せっかく友情まで失ってしまうこともあります。

シンママにとって、友人というのは大きな心の支えになっていると思います。

それを失うリスクはなるべく避けたいものでしょう。

シンママにおすすめなのはカードローン

そういう場合には、カードローンを利用するのがおすすめです。

カードローンとは、銀行や消費者金融などが提供しているフリーローンです。

フリーローンとは使用用途を問われない融資のことです。

借りたお金を何に利用しても文句をいわれません。

生活費でも、ちょっとした贅沢のためでも、ほかの借金返済に充ててもよいということです。

「でも、シンママはカードローンを断られるんじゃ…」

と心配になるかもしれません。

しかし、シンママであっても、収入があれば審査に合格できる可能性があります。

この収入ですが、必ずしも正社員である必要はなく、パートやアルバイトで認められることがあります。

限度額以内であれば、収入証明を求められないのがほとんどです。

プロミスカードローン

プロミス

・プロミスの金利 4.5%-17.8%
・利用額 1万円から最高キャッシング額500万
・30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

・スマホから申込み可能で電話なしキャッシング審査対応

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

・主婦、パート・アルバイト、学生の方も原則24時間最短10秒でお振込可能で即日融資も可能
・20~69歳までの安定収入のある方

プロミス公式サイトはこちら
     ↓↓↓
https://cyber.promise.co.jp/

アイフルカードローン

・アイフルの金利 3.0%-18.0%

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

・ネット、スマホから申し込み可能

 

・最短30分で審査完了で最短1時間で融資も可能

※お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

・アイフル利用初めての方は最大30日無利息サービス 

アイフル公式サイトはこちら   
         ↓ ↓ ↓
https://www.aiful.co.jp/

SMBCモビットカードローン

モビット

SMBCモビットでは担保保証人なしでお金を借りられます。

WEB完結であれば、書類で審査が完了する消費者金融です。

職場連絡なしでお金を借りることができるので重宝されています

実質年利3.0~18.0%

アルバイト、パート収入ある主婦や学生もお金を借りれます。
(安定した収入のある方)

1万円から限度額最大800万円 

・10秒簡易審査
当日振込(即日融資)には、14:50までに審査&振込み手続き完了すれば可。
※14:50までの振込手続完了が必要です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行か三井住友銀行の口座をお持ちなら、

職場電話確認なし、SMBCモビットの封筒なし、SMBCモビットからのメールなしというサービスがSMBCモビットWEB完結です。

SMBCモビット公式サイトはこちら   

         ↓ ↓ ↓

https://pc.mobit.ne.jp/

 

では、具体的にどのようにしてカードローンでお金借りるのでしょうか。

まずWEBやフリーダイヤルから、カードローンを申し込みます。

ここで、既婚未婚については問われません、。

そもそもシンママであるかどうかは問題にならないことが多いものです。

金融業者にとって重要になるのは、返済できるかどうか。

つまり、勤務先の連絡先と現在の借り入れ状況を融資されるということです。

借入状況については、嘘偽りなく記載することが重要です。

多重債務であることを隠して申し込んでも、金融機関は信用情報に照会しますので、一瞬で嘘がバレてしまいます。

信用できない人物だと思われると、審査に影響が出ますので正直に書くことが大事です。

また、たとえ他社からの借り入れがあったとしても、総額が低い場合は、さらなる貸し付けをしてもらえることもあります。

しかし、クレジットカードや携帯電話などの請求を滞納している場合、問題視されます。

カードローンを申し込む前に、できれば滞納分を返済しておくことをおすすめします。

信用情報の照会でこれといった問題がなければ、次は在籍確認に進みます。

在籍確認というのは、実際に記載された勤務先に勤めているかどうかを電話で確認するというものです。

金融業者から会社に電話がかかることを不安に感じる人もいるかもしれません。

消費者金融などの社名は伏せてかかってくるので安心です。

さらに、融資に関するという問い合わせということも告げられません。

同僚に知られる心配はありません。

そこで、勤務していると確認がとれれば、本人確認がなされて審査は終了です。

自宅にローンカードが郵送されてきて、それを用いて提携ATMからキャッシングができるという仕組みです。

もしローンカードが自宅に届くのを待てないという場合には、銀行口座に直接振り込むという方法を選択することも可能です。

その場合、即日振込の時間に限りがありますので、事前に調べる必要があります。

時間外や土日祝日の場合、街中にある無人契約機でカード発行ができる場合もあります。

問い合わせてみるとよいでしょう。

なお、月々の指定された最低返済額を入金していれば、何度でもカードを使って、限度額までキャッシングすることができます。

「この先、もしかしたらお金が足りなくなるかもしれない…」

という不安があるなら、事前にローンカードを1枚作っておくのがよいでしょう。

離婚してひとりで子育てしているという女性でも、何かしら仕事していれば金融業者から融資してもらうことは可能です。

ですので、友人にお金借りるということを考える前に、まずは申し込みをしてみるとよいでしょう。

なお、金融業者によって、貸し付け限度額や審査の条件は異なります。

もし1件目で断られたとしても諦めず、ほかの金融業者に問いあわせてみるとよいでしょう。融資してもらえるところがみつかるかもしれません。

キャッシング使用者の多くが最も陥ってしまいやすいといわれる

揉めごとに積み重なった債務と言った物有ります。

積み重なった借財という物が何かというと借金返済の為に借入れを

繰り返す事で借入れ金が一層大きくなってしまうというような事態の事をいいます。

訂正が出来ない事態に落入る前に改善ができる様取組をして行きましょう。

あっさり借入が出来てしまうので借金返済の滞りに関してを深く考えることがないといった人も少なくはないのですが、

個人信用情報が一度傷付いてしまうことがあると、すぐには元には戻せないのです。

これを踏まえ起こってしまった後悔やむといったことが起こらないために十分に気をつけた行動をする事を心掛けてください。

預貯金取扱金融機関へする予定の払い戻しが繰延べてしまう事があると遅延損害金といったものが発します。

更に加えて、借入の払渡しが滞ってしまった事によって己の信頼を失くしてしまいますし、

また幾度も幾度も遅延する事を続けていると使用出来なくなるなどの処分を受ける事になります。

国の場所や弁護士の組織など、豊富な形の相談事を話せる受付けが在ります。

どういった機関なら楽に話せるかなどという自身がいいと思える相談相手をセレクトすると言ったことも可能ですので、

借入の揉め事が生じた場合はためらうことなく相談ごとを聞いてもらいましょう。

返済の遅滞をを遠ざけるため、借入している所とは別の保険会社などから借り入れをしてしまう例もかなり多く見ます。

うまく解決できればいいのですが、多く重なった借銭への入口になり兼ねないのです。

自己管理についてはしっかりとしましょう。

-シンママキャッシング
-

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.