お金借りる審査 ビジネスパートナー

開業資金借り入れ融資の審査は 飲食店開業に必要な資金を調達 経費はどうなる?

更新日:

新規の改行に必要な設備と資金調達する方法

新規で飲食店を開業するには、いろいろな設備が必要となります。

 

開業資金は開業するお店のスタイルによって必要な金額が変わります。

多くの人は銀行などの金融機関にて融資を受けることがほとんどです。

飲食店を開業しようと考えている人はまず、どのようなお店を開きたいのかを考えます。

フランス料理やイタリア料理などを提供するレストラン、カジュアルなビストロ、

さらにカジュアルな居酒屋、カフェなど業態によって必要なものが変わってきます。

 

高級感がある業態の場合は、内装も高級感あふれるものにする必要があります。

デザイナーを入れて内装デザインを依頼する人もいます。

業態によっては、それなりに広い物件や市街地など立地条件も大切となります。

賃貸物件の場合の支払いとは

賃貸物件の場合は敷金、礼金、仲介手数料、前家賃など約6ヶ月分を最初に支払う必要があります。

ひと月の賃料が高い物件であれば、当然最初に必要となる額も高額になってきます。

 

飲食店の場合、どの業態でも大抵内装工事費でお金が掛かるのが、水回りです。

一般家庭とは比べ物にならない位の水量を使用しますし、厨房の中でも水が必要な部分がたくさんあります。

 

手を洗う場所、食材や器具類を洗う場所、場合によっては、洗浄機、製氷機などが主に水を使います。

これと別にお客様が利用するトイレ設備も必要となります。

 

居抜き物件の場合は稀にそのまま使うこともできる物件もありますが、ほとんどの場合は新設することが多いです。飲食業の場合、他の業種と違って必要な工事があります。

 

それは、グリストラップと呼ばれるものです。

飲食業は油をよく使います。とんかつ専門店やてんぷら屋などは想像できますが、あまり油を使っていないと思われるカフェなどでも、家庭とは比べ物にならない位の油を使っています。

 

そのため、それを排水に流したり、水道で洗浄しているだけでも脂分が排水に流れています。

グリストラップはその排水をダイレクトに下水管に流すのではなく、一時貯水所のような空間の役割です。

 

そこには網があり、流れてきた排水がその網を通過するため、脂分がその網に引っ掛かります。

下水管には水分だけが流れ出るような仕組みとなります。

 

脂分は排水に流す際は透明であったり、それほど存在が分からなかったりしますが、下水に行くまでには完全に脂分が冷やし固まって、白い塊となります。

 

グリストラップを作らず、そのままダイレクトに排水してしまうと、脂分が管に付着し、1ケ月も立たないうちに詰まってしまいます。

 

グリストラップを作っても、その網を掃除しなければ同じことです。

多くの飲食店では2週間に1度位のペースでグリストラップを清掃しています。

 

油を使う頻度の高い飲食業の場合はこのグリストラップを大きなものにする必要があるので、資金が高額となります。

内装ができましたら次は厨房機器です。

 

業務用の冷蔵庫、冷凍庫、製氷機、洗浄機、コンロ、オーブンなど様々な機材が必要となってきます。

家庭用のものとは違い機能も優れているため、価格も高いものが多いです。

 

そして、客席のしつらえも必要です。

お店の雰囲気や客単価に合わせ、テーブルや椅子などをそろえる必要があります。

多くのお店が、すべて統一したものを使うことが多いので、まとまった金額となる場合が多いです。

 

そしてレストランやワインバーなどの場合には、ワインセラーも必要となります。ストック本数が多いものや機能性の高いものは高価です。

 

ここまで来るとようやく開店が見えてきます。この箱だけできた状態でも大きさによって金額が変わりますが、何もないスケルトンの状態から準備をすると、500万円~1500万円ほど掛かることが多いです。それにデザイナーなどに依頼をするとさらに金額が増すことになります。

 

ここからは営業するのに必要な運営費です。食材類がこれになりますが、何もない状態からですから、調味料なども用意しなければなりません。

全ての食材を一式揃えると、50万円から100万円くらいかかります。他にも提供するのに盛り付ける皿、カトラリー類も必要となります。

 

デザイン性の高いお皿やカトラリーは金額も高価なものが多いです。それから、スタッフが着用するユニフォームも必要となります。スタッフの人数が多ければ多いほど、ユニフォームも必要となりますので資金が必要です。

 

飲食店を開業しようとする場合、これらの掛かる金額を細かく計算する必要があります。計算したうえで、金融機関と融資の話になりますが、その際に必要なものが事業計画書です。

開業の際の事業計画書作成について

事業計画書は、営業するお店がどのようなコンセプトのお店で、どのようなものをいくらで提供して、一日にどのくらいの来店者数があって、客単価はいくらで、一日、月間、年間の売り上げがどの位になるのか。

 

また、必要な経費はどんなものにどれだけの金額が必要で、どのくらいの利益が出て、返済が滞りなくできるといった計算が大事です。

 

誰が見てもわかるような内容にしなければなりません。

 

キャッシングが割と低めの金額の融資であるのと反して、

カードローンは大金の貸し出しも扱います。

a0003_001880

そして、この違いというのは本来の成立までの過程の相違点から生まれた物なので、長期で返金する事が基本的なカードローンの性質と言えることです。

 

カードローンでは、先に上限金額が設けられます。そして上限額を超えない範囲ならば何回でもお金を借り入れすると言う事が可能な部分がキャッシングと違う所と言えるでしょう。

 

イージーペイメント、リボ払いをする事で完済していくことになります。お買いものをクレジットカードでした時は、翌月にまとめ払いなら基本では利息が付きません。

 

キャッシングによりお金を借り入れする事は簡単な事ではありますが利息が積み増しされます。こう言うほんの少しの差がどんどん積もって行くことによって大きい違いとなり得るのです。

 

借入の上限枠を設定されたカードローンというものは、月毎に返すのが必要な額も一律の代金となります。なお、キャッシングの時では貸し付けて貰った金額により償還額が増減します。

 

この部分はユーザーにとっては分かりやすい差異です。貸し付け額が少額となるキャッシングでは債権者に伴うとされる焦げ付く可能性もかなり低いものになるため、チェックも易しいものとなるのです。

 

又カードローンでは、それが銀行系の場合では街金とまた異なって審査が厳しめになりますが、それによって不安は小さくなるでしょう。

 

借入しようと思う時は、外身の良さに惹かれ無いようにするのが肝心です。

a0003_001844

そして、お金を返す期間や回数が増加すると総額なども変化しますから、先に各々で違うところをしっかりと確かめてから、無計画にならない様にしていきましょう。

-お金借りる審査, ビジネスパートナー

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.