お金借りる審査

母子家庭お金借りたい!生活費が足りない時にどこのカードローンがおすすめ?審査に通るか不安

更新日:

母子家庭はお金借りれる?お金が必要になったときに・・・

女手一人で家庭を支えることは大変です。

子供が小さいうちはまだ少し余裕があるかもしれません。

しかし、子供が大きくなれば学費にお金がかかってきます。

それも何人か子供がいる場合は大きな負担になってしまいます。

離婚後に養育費がもらえる場合はまだ良いのですが、最近では結婚せずにそのままシングルマザーとなることもあります。

子供をしっかり育てるのは非常に大変ですし、最初は養育費をもらえていても、だんだんと減ってきてしまうこともあります。

離婚時には必ず養育費に関する取り決めを書面にして残しておきましょう。

プロミスカードローン

プロミス

・プロミスの金利 4.5%-17.8%
・利用額 1万円から最高キャッシング額500万
・30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

・スマホから申込み可能で電話なしキャッシング審査対応

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

・主婦、パート・アルバイト、学生の方も原則24時間最短10秒でお振込可能で即日融資も可能
・20~69歳までの安定収入のある方

プロミス公式サイトはこちら
     ↓↓↓
https://cyber.promise.co.jp/

アイフルカードローン

・アイフルの金利 3.0%-18.0%

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

・ネット、スマホから申し込み可能

 

・最短30分で審査完了で最短1時間で融資も可能

※お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

・アイフル利用初めての方は最大30日無利息サービス 

アイフル公式サイトはこちら   
         ↓ ↓ ↓
https://www.aiful.co.jp/

SMBCモビットカードローン

モビット

SMBCモビットでは担保保証人なしでお金を借りられます。

WEB完結であれば、書類で審査が完了する消費者金融です。

職場連絡なしでお金を借りることができるので重宝されています

実質年利3.0~18.0%

アルバイト、パート収入ある主婦や学生もお金を借りれます。
(安定した収入のある方)

1万円から限度額最大800万円 

・10秒簡易審査
当日振込(即日融資)には、14:50までに審査&振込み手続き完了すれば可。
※14:50までの振込手続完了が必要です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行か三井住友銀行の口座をお持ちなら、

職場電話確認なし、SMBCモビットの封筒なし、SMBCモビットからのメールなしというサービスがSMBCモビットWEB完結です。

SMBCモビット公式サイトはこちら   

         ↓ ↓ ↓

https://pc.mobit.ne.jp/

 

もちろん両親などの援助がある場合もあります。

すべての人がそうした環境で子育てができるとは限りません。

時にはお金が足りなくてキャッシングをしなくてはならないこともあるでしょう。

母子家庭でもキャッシングをすること自体は可能です。

会社からの収入があれば銀行や消費者金融はお金を貸してくれます。

しかし男女平等を謳った現代社会でも、やはり女性のほうが収入が低いこともあります。

収入が低ければ融資してもらえる金額も少なくなってしまいがちです。

消費者金融には総量規制と言って年収の3分の1以上の貸し出しができなくなる法律があります。

まとまった金額を工面するのは難しいかもしれません。

借りたお金の使用用途にもよりますが、目的がある場合は目的別ローンを利用するのも良いでしょう。

目的別ローンは追加での融資を受けるときにも審査が必要になります。

カードローンと比較すると金利が低く設定されています。

カードローンは使用使途自由なので利便性は高い反面、金利が高いところが難点です。

特に生活が困窮しているときこそ、どこでも良いから借りたいと思ってしまうものです。

なるべく金利の低さで消費者金融を選ぶのがベストです。

また、最初に金利が高かった場合でも、信用してもらえるような利用方法を心がけていくことで、金利の引き下げ交渉も行えるようになります。

できるだけ銀行系のカードローンを選ぶと良いでしょう。

特に普段から利用している金融機関では預金口座からお金の流れを把握することができます。

審査で優遇されることもあります。

水商売していてもお金借りれる?

もし水商売をしている場合、金融機関の審査で通りにくくなってしまうこともあります。

特に銀行の場合は厳しいので、なかなか契約ができないようであれば消費者金融を頼ると良いでしょう。

消費者金融は高金利でイメージが良くない人もいますが、貸金業法が改正されてからは銀行の傘下に入ったところもあります。

違法な高利貸しは行っていません。

銀行と比較しても融通の利いた審査を行ってくれます。

また、ろうきんや信用金庫の存在も忘れてはなりません。

ろうきんや信用金庫は非営利団体です。住んでいる地域や職場によって利用できる金庫が変わってきます。

どこの金庫も総じて他の金融機関よりも低い金利で貸し出しをしてくれます。

特に信用金庫は地域密着型のところも多いため、困ったときには相談すると良いでしょう。

会社がろうきんに出資していたり生協のメンバーとなっている場合は、さらに低い金利で貸し出しをしてくれることもあります。

 

金融機関によってはカードローン以外にもさまざまなローン商品が用意されています。

目的に合わせて選択するのも、低金利で利用できるコツの1つです。

極度型でないローンは利便性は低いものの、その後は計画的な返済を続けることになります。

カードで破産してしまう危険性も低くなります。

キャッシングのし過ぎで破たんしないように、自分の返済能力を超えた借り入れをしないように注意しましょう。

もし生活が困難になった場合は債務整理も検討しなくてはなりません。

お金を借りるということに抵抗がある人もいるでしょう。

そんなときに検討したいのが「レディースローン」です。

レディースローンは一般のカードローンとほとんど一緒の商品内容です。

コールセンターの担当が必ず女性になるというサービスがあります。

同じ女性であればいろいろ相談もしやすいでしょう。

レディースローンだからといって何か優遇されるようなことはありません。

もっと女性がキャッシングを利用しやすいように配慮された商品です。

お金を借りて解決するのも良いのですが、福祉に頼るということも忘れてはなりません。

日本国憲法には国民は健康で文化的な最低限の生活を営む権利があると書かれています。

これを生存権と言います。

本当に生活が厳しいのであれば「生活保護」を検討するのも良いです。

生活保護を受けれるかどうかは住んでいる地域によって金額が異なります。

また、職業に就くのが難しい場合は自立支援制度を検討するのも良いでしょう。

さまざまなサポートを受けることができます。

母子家庭の14%は生活保護を受けていますので、生活保護を受けること自体は悪いことではありません。

母子家庭になった人の多くは、他の家庭と同じように子供を育てたいと思うものですが、だからと言って頑張りすぎて倒れてしまわないようにしましょう。

a0003_001897

過去に利用した人ならではの観方から来る助言と注意箇所について聞く事から、後悔の無い借金が可能な事でしょう。

 

消費者ローン団体である業者はローンの役について専門分野なから、査定の進める速度や簡単さについて人気があるのです。

 

名の知れたの組織や小さなの業者までいっぱいで、コマーシャルをうっているような大きな企業だって複数あります。

 

割賦の金額について心配事だと思う方も多数います。

 

借銭額によりどれほど差があるかとか、一定現金の償却なら一体どれくらいの期間がいるのでしょうか?

銀行キャッシングというものについては普通銀行が手掛けているサービスになります。

 

普通銀行が出資してるサラリーローン組織による貸し付けサービスはバンク系カードローンと呼ばれます。

 

普通銀行ですと大金の利用も可能だし低利率ですけれど、判定はものすごく厳密になります。

 

融資する為の決め事として年齢と一緒に列挙されているポイントは、実収入となります。

 

一定額の収入金額が確認できない様ならローンの監査に通るのはハードでしょう。

 

勤める先や年収、在籍期間で、キャッシング出来る額が決まります。

 

人生で初めてのものを試みる時には不安心のみが日ましに強くなるようになるものですが、借金は初体験の方にたいして難解なものじゃないのです。

a0003_001896

どの各社においてくわしい忠告などについて実施していますので、とにかく行動して行くのはとても大切かもしれないでしょう。

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.