お金借りる審査

国民年金免除できる?保険料を納めるのが経済的に厳しい 猶予と追納について

更新日:

国民年金は免除できます!

所得が低く非課税の世帯や、ひとり親世帯、大学生など所得の少ない人の場合、

国民年金の免除申請の手続きは必要です。

国民年金免除は可能です。

ただし、免除申請書を提出するだけで承認決定になることはありません。

国民年金免除の審査には所得の確認が必要になります。

確定申告は毎年必ずするようにしてください。

学生の場合は在学証明書等が必要になります。

所得の確定申告は、健康保険税にも関係しますので重要です。

m001-026

国民年金免除の4つの方法を徹底解説

国民年金の全部が免除になる全額免除

その他に、4分の3免除、半額免除、4分の1免除といった4通りがあります。

さらに免除ではなく納付期間を延長してもらえる、納付猶予というものがあります。

学生の場合は学生納付特例といって、こちらの納付猶予と同じ内容になります。

学生以外の内容は所得によって承認される免除額は違ってきます。

前年は全額免除の承認であった場合でも、今年も同じようにそうなるとは限りません。

今年度は所得が増えている場合や扶養家族の増減があった場合など、4分の3免除や半額免除になる可能性もあります。

または、どの免除も承認されないということもあります。

 

承認決定の通知は、おおむね毎年7月の初旬頃にハガキで本人に届きます。

必ず開封して免除承認の内容を確認してください。

内容に間違いや不服がある場合は、3ヶ月以内に届け出るようにしましょう。

さらに全額免除以外で承認されると、一部の保険料額の納付書が後日届けられます。

 

4分の3免除が承認された人は、残りの4分の1の額の納付書が届くことになります。

この保険料の納付を怠ると、受給資格期間に反映されず未納期間とみなされます。

 

納付書が届いたら、期間内に必ず納めるようにしましょう。

病気や怪我、経済的な変化などさまざまな理由で期間内の納付が困難であると判断した場合は、早めに相談をするようにしましょう。

内容によっては、全額免除や納付猶予が承認される可能性もあります。

自分勝手な判断で未納を続けていると、その後の免除申請で承認が難しくなることもあります。

どういう理由があるにせよまずは相談してください。

国民年金の納付方法

なお、納付方法には「前納制度」というものがあります。

一括で納めると割引になるという制度です。

納め忘れがないように、口座振替を利用するのもいいでしょう。

 

また、免除申請は毎年行うのが基本です。

引き続き翌年以降も免除を希望するというのであれば、最初の申請の際に継続希望を出してください。

翌年以降、申請書の届出は不要になります。

 

毎年所得などの審査を経て、免除額が決定されることになります。

ただし継続申請を希望している場合でも、審査の結果、一部免除の承認を受けたときは翌年も申請が必要になります。

 

これは前年に全額免除の承認を受けた人が、今年度は4分の3免除等になった場合です。

先ほども述べたように、毎年所得などの審査が行われその免除額が決定されるということです。

 

国民年金免除が承認されると毎月の経済的な負担は軽くなります。

将来年金受給資格の年齢になったときどうしたらいいでしょうか?

その割合と期間によって受け取れる老齢基礎年金の額は減額となりますので注意してください。

 

あくまでも納付免除ですので、毎年継続して満額を納入している人と比べると、受け取る年金額が少なくなってしまうのは当り前のことです。

例えば全額免除の承認を受けていた場合、実際に受け取れるのは8分の4の年金額となります。

4分の3免除であれば8分の5、半額免除であれば8分の6といった具合に、免除の内容や期間によってその割合は違ってきます。

全額免除等の期間が長くなればなるほど、受け取る年金額も減少することになります。

 

将来受け取る年金額を増額したい!

その場合であれば、10年以内の保険料をさかのぼって追納することもできます。

経済的に余裕が出来たときは少しでも納めておくといいでしょう。

m001-023

追納した場合、その期間の年金額は減額されることはありません。

国民年金の追納について

将来の不安を少しでも減らしたいのであれば、追納をオススメします。

追納を希望するという場合は、近くの年金事務所に連絡をしてください。

 

免除に関しては、現在支払うべき年金額を減らせます。

その結果、将来受け取ることのできる年金額も減ります。

納付猶予の場合は年金額には反映されることはありません。

 

未納期間と同様に、受給資格期間の計算対象にはなります。

学生納付特例の場合も同じです。

 

納付猶予が承認された人でも、本人や配偶者が世帯主となった場合は、全額免除の申請が可能になります。

切替が可能かについては早めに確認をしてください。

経済的な理由で免除申請や猶予申請をすることは可能です。

どちらにしても将来自分自身が受け取る年金額に影響することは確かです。

 

若いときに将来を見据えた年金について、その額などを考慮して生活することはあまりないかもしれません。

その内容はよく理解したうえで免除申請は行うことが大切です。

初めてのキャッシングの利用の基礎的な情報

初めてキャッシング利用の基礎知識として、どういう風な手続きにより進むのでしょうか?

キャッシングの最低限の知識を頭に入れておくことで、無難な借り入れが出来るはずです。

 

まずは申し込みから返済を済ます時までの一連の流れをつかんでおきるようにしましょう。

 

仮に金融業者を利用して借入の手続きをしたなら、初めに申込み書類の内容をチェックしたり勤務先に対しての在籍確認などを行います。

 

それから、業種や勤続期間などから返済可能な貸し付ける額が決定されるのです。

 

また、利用者の以前の融資の借り入れ履歴や他金融機関からの借り入れの状況といった情報も融資の審査に影響します。

 

融資の中でも個人へ向けた融資を取り扱う業者には、銀行や信販会社、サラ金が挙がります。

 

お金を借りる際は、各金融機関での相違点や長所・悪い点について、基礎的な知識やデータとして頭に入れておくと良いです。

 

保証人無し・無担保(無抵当)と言った場合の「担保」を解説すると、万一キャッシングでお金を借りたが返済金を払えなくなったときを見越して前もって準備します。

 

借金の価値の代わりになるもの、いわゆる借金のカタのことなのです。

無担保は、すなわち担保が無くても借り入れが可能という意味です。

 

あなたがキャッシングでお金を借りたいとき、各会社や希望する融資内容に応じて用意する書類に差異があります。

 

キャッシングの利用に際し審査をできるだけ速やかにパスするべくどういうものがいるなのか丁寧に確かめておいてください。

必須のものを間違いなく支度しておくことが重要です。

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.