ビジネクスト

アイフルビジネスファイナンス審査基準 資金調達が間に合わないので、ビジネスローン

更新日:

アイフルビジネスファイナンスの審査

事業を行っていると、運転資金の調達が滞ってしまうことも少なくありません。

順調に事業を行っていたとしても、取引先の支払いが遅くなることがありますよね。

また、材料費や仕入れ金など、資金が足りずに業務をスムーズに行えなくなる危険があります。

中長期的に収入が得られる目処があるなら、アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンを利用できます。

事業資金として、お金を用意するのは大事です。

ビジネスローンで有名なのが、銀行や信用金庫などの金融機関です。

比較的低金利で貸してくれる、頼もしい存在ですが、これらの金融機関は総じて審査が厳しいです。

簡単にお金を借りられる相手ではありません。

うまくビジネスローンの契約にこぎつけたとしても、これらの金融機関は実際の融資までに時間が掛かります。

今すぐに資金調達をしたい事業者としてはやや使い勝手の悪い部分があります。

アイフルビジネスファイナンスはスピーディーな審査

一方のアイフルビジネスファイナンスはどうでしょうか?

貸金業者の立場を利用して、スピーディーな融資ができるように体制を整えてくれています。

今すぐにでもお金を調達したい経営者や個人にとっては、本当に助かる存在です。

 

アイフルビジネスファイナンスの審査基準は、条件に合っていることが重要です。

条件に当てはまらない立場であれば、問答無用で断られてしまいます。

申し込む前にじっくりと確認を済ませておいてください。

当てはまるかどうかわからないのであれば、電話やメールなどで問い合わせてみてください。

キャッシングの申し込みがしやすくなります。

アイフルビジネスファイナンスのローンの種類

アイフルビジネスファイナンスのローンの種類として、一括融資のビジネスローンと、カードローンの2種類があります。

一括融資とは、銀行などで提供している目的別ローンのようなものです。

カードローンは通常のカードローンとは違って自由な利用目的ではありません。

事業性資金のみに対応する融資サービスだと考えれば良いでしょう。

基本的に一括融資のビジネスローンもカードローンも条件に違いはありません。

一括融資か、繰り返し融資が受けられるかの使い勝手の違いくらいです。

アイフルビジネスファイナンスでお金を借りる条件をご紹介します。

一般の個人向けには提供していません。

事業を行っている法人、もしくは個人事業主であることが前提です。

年齢についてもチェックを怠らないでください。

満20歳~満69歳が対象となっています。

未成年では当然ながら利用することができません。

70歳以上の高齢者も無理です。

担保や保証人は不要です。

アイフルビジネスファイナンスは借りやすいビジネスローンです。

また、アイフルビジネスファイナンスはお金を早く借りられるメリットがあります。

法人の立場であれば、代表者が連帯保証人になることができます。

連帯保証人を用意できれば、審査に通りやすくなります。

検討しておきたいところです。

アイフルビジネスファイナンス審査に必要な書類

必要書類について、確認しておきましょう。

アイフルビジネスファイナンスが求める書類を全て用意することによって、契約できるようになります。

逆に用意できなければお金を借りられません。

申し込みの際には先に準備しておくのが良いでしょう。

法人と個人事業主で用意する必要書類の種類が違ってきます。

法人であれば代表者だとわかる書類に登記事項証明書、原則2期分の決算書などを用意する必要があります。

個人事業主の立場であれば、本人確認の書類と、収入がわかる確定申告書を原則として2年分用意します。

本人確認の書類とは、運転免許証やパスポートといった公的書類のことです。

全ての書類は有効期限内のもの、最新のものを用意するのがコツです。

 

基本的な条件は以上です。

その他審査に関わってくる部分についてもよく覚えておきたいところです。

基準として、申し込みの入力フォームから推測する方法があります。

氏名や生年月日、性別に自宅や会社の住所、自宅や会社の連絡先などに入力が必要です。

また、登記上住所や創業・設立の時期、年商や税込年収などの項目が見かけられます。

これらの必須入力の部分がとても重要です。

入力された内容が真実であるのか、返済できる人物なのかをサービス提供側はチェックします。

アイフルビジネスファイナンス在籍確認

本人確認書類や登記に関する書類と照らし合わせて、間違いがないか確認しましょう。

自宅や会社の連絡先は在籍確認で使います。

勤務先に電話をかけて、本当に申し込んだ本人がそこに存在するのか、調べるようにします。

在籍確認できれば契約できる可能性が一気に上がります。

確認できないとまず契約は無理ですので、きちんと応対できる状態に整えておきましょう。

それほど在籍確認はビジネスローンの契約では重要な意味を持ちます。

a0003_001888

様々な基準をクリアして契約できれば、アイフルビジネスファイナンス側から3営業日程度で融資してくれます。

上限1000万円までで、審査内容によって実際の融資額が決まります。

お金を受け取ったなら、事業資金として活用しましょう。

契約に結びつけるには、事業年数が1年以上あることが重要です。

書類内容を見れば一目瞭然だといえるでしょう。

そのため、開業前の資金としては借りられません。

まずは実績作りをするのがビジネクストでお金を借りるには必要なことです。

アイフルビジネスファイナンスとキャッシングどちらがいい?

キャッシングの方が割と少なめの額の貸し出しを扱うのとは反対に、カード融資借入もあります。

そもそもこのような差は本来の成立までの過程が違った為生じます。

長期の返済が前提となるカードローンの目立った点と言ったところでしょう。

キャッシングのほうが金利が高めに設けられている理由は、一度に全額返すというものが基本だからです。

一回払いでは利子を払渡す事が一回だけなので、ローンよりも多めなのです。

使途別融資とは自家用車や自分の家、通学の費用などと言った個々の使い道に限って利用することが出来ます。

用途の適性をチェックが丁寧で結果がわかるまでにどれほどか時間は掛かってしまいます。

キャッシングと異なって少ない利子での貸し出し契約ができるのです。

キャッシング性能が存在するたクレジットカードは給料を貰う前の突発てきな支出などいざと言うときには役に立ってくれます。

けれども、借金ではなく自分の持っているお金という心持ちに陥ってしまい易いです。

本当に困っている場面以外の時は安易に使わないほうが無難です。

キャッシングとカードローンの違いは支払いの仕方です。

カードローンは貸付を受けていたお金の全てを月賦あるいは分割し支払う事で償還します。

他方ですと基本的に元利を一度に全部償却することになります。

a0003_001887

2つのうちどちらが得をするのかは状況によります。

同じ条件でも、取り扱っていた業者や品物のタイプにより私たちがする手続きの形式や

利息の問題で異なる部分が生じる場合もあります。

それを避ける為前もって個々の会社の違いを知っておく事が大事です。

私たちはより一層便利な手法で契約する事が可能になります。

-ビジネクスト

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.