お金借りる審査

年金がどうしても払えない場合 納付猶予申請書と、免除の期間について

更新日:

国民年金の保険料納付率は非常に低い!

巷では少子高齢化で年金制度そのものが危ぶまれているのではないか、そのような話をよく聞きます。

国民年金の保険料納付率が著しく低い、そんなニュースも流れてきます。

国民年金料の支払いは想像以上に国民にとって負担となっています。

納付負担の緩和に向け、行政側も努力しているのですが残念ながらあまり知られていない部分も多いといえます。

 

日本の年金制度は、第1号から第3号までの年金制度が構築されています。

第1号保険者は20歳以上の自営業者、主婦を除く無職の方々が被保険者となる制度です。

保険料は被保険者自らが支払うことになります。

 

第二号保険者は会社や役所に勤務している方々です。

会社勤務であれば厚生年金に加入し役所に勤務している方々は共済年金の加入者となり、本人と勤め先が保険料を折半して支払っていくことになります。

 

第三号保険者は第二号保険者に扶養されている妻である主婦・夫である主夫が加入するものです。

保険料の負担は第二号保険者の保険料から負担される格好になり個別に保険料を支払っていくことはありません。

 

年金払えないということを主張し、認められるケース

年金払えないということを主張し、認められると対象となってくるのはどういう方でしょうか?

第1号の保険者、すなわち自営業者、無職の方々、20歳以上の学生の方々ということになってきます。

第1号の保険者が支払う年金は正式名称を国民年金といいます。

年金保険料を20歳から60歳までの40年間、480か月間支払うことは国民の義務ともなっています。

経済状態によっては支払いを免除(猶予)してもらう制度もあります。

申請することによって免除が妥当かどうか審査されることになります。

年金免除の種類

免除の種類は多岐にわたります。

具体的には4種類あります。

保険料の免除に応じて全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除の4つとなり、生活の収支、所得の実態に応じて免除額が決められていくのです。

 

納付の免除を申請する書式の正式名称は「国民年金保険料 免除納付猶予申請書」という申請を作成することになります。

申請書に添付が要求される書類は国民年金手帳や所得を証明する書類があり多岐にわたります。

申請手続きが2度手間にならないためにも事前によく調べ間違いがないようにしたいものです。

 

年金保険料の支払いが難しいことを主張し免除してもらう申請は住所地にある市町村の国民年金担当窓口に申し出ることによって手続きが始まっていきます。

自営業者の申請に関して、自営業に携わっている個人事業主の場合は日々の収入がある反面、事業借入の返済や日常の仕入の決済もあり日々お金が動くことが通常です。

 

申請の可否、免除できるかどうかのモノサシは所得がいくらあるのかという判定に委ねられるのです。

保険料を支払うお金がないと窓口で主張したとしても、銀行口座にお金はあるのではないかと逆主張されることです。

 

通帳にあるお金は決済に回すべきお金であって自分が自由に使える所得の部分のお金ではないということを主張して認められることが必要になってきます。

 

学生の場合は、学生納付特例制度という制度があります。

学生であっても20歳に到達した時点で国民年金に自動加入することになります。

 

納付義務が生じるのですが、学生であってもアルバイトをしたり、奨学金をもらったりして通帳にお金があるのも事実です。

個人事業主と同じように通帳にお金があるから国民年金保険料を支払えるのではないかという議論になりそうです。

 

ここでも通帳にあるお金は、学生である以上学業に支出するお金です。

よって国民年金保険料は支払うことができない、という主張をすることになります。

 

このため自営業者と同様に住所地の市役所に出向き、学生特例免除申請を行うことになります。この申請をすることにより、学生であれば在学中に発生する保険料納付義務が免除されることになります。

 

就職をすれば第2号保険者として保険料を納付していくことになり、同時に学生特例免除期間は自動的に終了となるわけです。

終了から10年間は、猶予してもらった保険料を追納することが可能となっています。

将来の年金額を増やすためには、この追納制度を有効活用することにより大切なことだと考えます。

 

年金払えないといって悲観することは全くないといえます。

一番避けなければならないことは、免除制度を知らずに未納状態を放置してしまい、結果として督促される、差押されるということだと思います。

自営業者は税務申告において、法の許す限り節税しようという傾向があると思います。

 

節税することを国民年金保険料の納付をしないことと同列に扱っていると思わぬところで足元をすくわれかねません。

差押となると、取引している金融機関との借入契約においては契約違反を指摘されるリスクが潜んでいます。

そういった事態を防ぐためにも猶予制度を有効に使って、徒に未納という事態を招かないようにきちんとしたマネジメントに徹していくべきだと考えます。

初めてのキャッシングをする上での欠かせない基礎的な点

融資を受けるのであれば基本事項として借入れのやり方は実際どんな感じか理解しておくと良いです。

m001-085

受け取る方法は自分の口座への振込が良いのかATMの利用にするか、

すぐに借りたいのか少々遅くてかまわないのかなど、どうやって受け取れば良いか想像しておくのがおすすめです。

 

銀行・クレジットカード会社、消費者金融等にローンの申込みにをする際においては第一に申込書を

書いて提出しなければなりません。

 

けれども、店頭に出向かずに済むスピードキャッシングは、ネット上で全て手続きを終えられるところもあります。

 

保証不要融資が可能とは保証人無しで借入れできることを意味します。

 

「保証人」という物は何かというと、例えば融資を受けた後になって借入金を返せない時に利用者の代わりに

借金の支払いをすることになっている人を指すものです。

 

無保証の借り入れというならば他人に頭を下げて保証人を頼まなくてもお金を借りることが可能なのです。

 

大抵のケースでは少額融資というと担保・保証人不要ですので、

早くお金が要るときもすぐに借入れを受けられるというメリットがあります。

m001-001

面倒くさい手数・長い時間がいることなくいる額だけの借り入れができるといった便利なサービスなのです。

 

担保も要らず保証人の必要も無しで融資が可能なシステムは大変手軽な物です。

 

ところが、他方で利率に関してはちょっと高いものですし、利用可能な額も限度額が設定されています。

 

基礎知識やデータをちゃんと理解しておき、なるたけ損の少ない形を選んでキャッシングできるようにします。

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.