メディカルローン

メディカルローン審査基準 どうしても医療費払えない ローンを組みたい フリーローンとどう違う?

更新日:

メディカルローンの使い方 フリーローンと違う?

風邪や軽い怪我程度であれば、さほど治療費は発生しません。

現金で十分に支払える医療費の金額だとしても、長期的にある程度の金額を支払っていかなければならない場合もあります。

常に一括払いの支払い方法だと支払いが困難になりがちです。

治療目的などの医療費の支払いを低く抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

その際には、分割払いができるローンを利用するのが賢い方法です。

色々なローンがあるなか、メディカルローンという医療関係専用のローンがあります。

メディカルローンを利用することで、支払いの負担を軽減することができます。

メディカルローンの審査基準 お金借りる審査は厳しい?

メディカルローンの審査基準ですが、一般的にはやや厳しめです。

住宅ローンのように数千万円も借りる手段ではありません。

住宅ローンに比べると契約しやすいといえるでしょう。

 

銀行カードローンやフリーローン、貸金業者のカードローンや振込キャッシング

といった、使いみち自由な借入れ方法に比べると、少し契約のハードルが厳しいです。

この医療向けのローンを提供するのは金融機関ですが、貸金業で代表的な消費者金融のサービスとしてはあまり見かけられません。

ショッピングクレジットやクレジットカードを得意とする信販会社

ローンに関するサービスが充実した銀行

上記が取り扱っています。

銀行と信販会社どちらを選んでも構いません。

クリニックが提携しているものを利用する方法なども用意されています。

 

審査がやや厳しく感じられるのは、低金利で借りられることが関係してくるといえます。

使いみち自由なカードローンだと低金利で有名な銀行のカードローンでも、最も高い金利で14%台が目立ちます。

メディカルローンの金利は高い?フリーローンとの比較

一方で、メディカルローンの金利を見ていきます。

最も高い金利で5%台~11%台前後の設定になっているものが多く、カードローンに比べて低金利です。

 

低金利であれば利息が低く抑えられますのでメリットがあります。

少ない利息で貸し付けるということは、公務員などよほど信用できる属性でなければなりません。

カードローンよりは厳しい基準になることを覚悟しておかなければなりません。

必ずしも厳しいとは言い切れず、割とカードローンと同水準で借りられるものも存在します。

こればかりは実際に審査申し込みしてみないとわからない部分です。

お金を借りる初心者は不安に感じるかもしれませんが、まずはいったん審査に出してみましょう。

おおよその審査基準として、職業や収入が関係することを知っておきましょう。

安定収入が得られる立場であるほど返済能力の高い人物だと認められます。

正社員や公務員などは、ローンを組みやすい人です。

一方でパートやアルバイト、派遣社員になるとやや厳しくなる危険があります。

自営業の人もやや気を付けたい立場です。

専業主婦は収入がないため、かなり厳しくなってきます。

しかし、配偶者に安定収入があれば、割とあっさりローンが利用できることもありますから、諦めないようにしたいところです。

独身で無職の立場では極めて難しくなります。

本人に収入がなく、最も返済能力が低い人物だと判断されるためです。

 

審査の際に申込内容が正確かどうかが関係します。

住所や氏名、電話番号や勤務先の情報に嘘の内容があると、契約できません。

本人確認書類の提出も必須です。運転免許証やパスポート、各種保険証などの提出を求められます。

 

メディカルローンの在籍確認

メディカルローン審査の際には、在籍確認という内容があります。

メディカルローンを提供する金融機関が本人が勤めている会社に電話連絡をして確認する方法です。

この在籍確認が完了しなければ、まず契約は無理でしょう。

ちなみに勤務先が自宅であれば、自宅に在籍確認の電話連絡がやってきます。

 

別のポイントして、借金の状態を確認されます。

非常に重要なポイントで、借金の状態に問題があれば、メディカルローンを利用できませんので十分に注意してください。

借金の問題で心配になってくるのが、月々の返済状況です。

専門の機関に個人の借金の情報が登録されています。

メディカルローンの審査の段階でローンを提供する金融機関が必ず確認する情報です。

ここに借金の返済が滞っている記録が残っていると、非常に金融機関からの印象が悪くなります。

期日までに返済できない人間として見られます。

そのような人物にお金を貸すのはあまりにもリスクが高いからです。

1回程度の滞納であればある程度認めてくれます。

しかし、連続で2回以上の滞納の記録が残っていると、契約できない確率が高まりますので注意しましょう。

 

もしも、借金問題を解決するために債務整理を利用すると、一定期間はこの専門の機関に情報が残されてしまいます。

 

この期間中も借りられない確率が極めて高くなってしまいます。

 

大体このようなポイントが関係してきますが、審査内容は絶対に他人にはわからない分野です。

 

これといって問題がなければ、積極的にメディカルローンに申し込んでみましょう。

無理だと感じるなら、少し借りやすい別のローンを選択するなどの工夫をしたいところです。

メディカルローン以外では、金利が低めのカードローンやフリーローンを利用する手段もあります。

キャッシング利用で初めての方は30日無利息などのサービスがあります。

a0003_001875

その一方で、カードローンは分割して払う方法、リボルビング払いといった支払い方法があります。

以上の通り2つが違うところは本来は返済の仕様にあると言えるのですが、

近年ではあまり両人の差はなくなりつつあります。

キャッシュディスペンサーや、ATMを使用する事で融資を受けるキャッシングならば、つい最近ではリボで払うことのサービスも見られるようになっててきている様ですので、

カードローンと比較して違った点が大して明確にはなりまん。

 

キャッシングと比べ低利のカードローンであるのですが、

使途制限のないローンでは用途別貸し付けと比較すると随分高利率にもなります。

 

弁済期間や利率などそれぞれについて相違をしっかり熟知した上で、

より先を見据えた借り方を見つけましょう。

 

カードローンを契約する際には、兼ねて限度額が設定されます。

 

限度額を超えない範囲で度々借入するという事が可能であるといった部分もキャッシングとの差異でしょう。

 

月賦・リボで払うことで弁済していくのです。

 

私達が金銭を借り入れ可能なカードにも多種多様なジャンルが準備されています。

 

近頃ではキャッシングですとかカードローンは時代が進むに連れとても親しみ深いものとなっています。

a0003_001824

使う時の手段を間違えずに、より一層明るい暮らしを送る事ができる様に計画的な利用を心がけましょう。

-メディカルローン

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.