お金借りる審査

高校生がお金借りる方法ある? 19歳は?10代だけど借り入れしたい

更新日:

高校生がお金借りれる?今すぐお金が必要!

キャッシングはあらゆるローンの中で最もハードルが低いと言われています。

しかし、借りるためには必須条件があります。

20歳以上、安定収入という2つの条件を満たしていることです。

条件を1つしか満たせない場合は借りることができません。

例えば19歳で年収500万円を得ていても借りることはできません。

残念ながら高校生は未成年として扱われてしまうからです。

バイトをして収入があっても借りることはできないのです。

たとえば、16歳の人がカードローンを作りたいとなっても、審査には通りません。

とはいえ、

アルバイトでお金借りれる!という広告や、

キャッシングで学生OKという商品を見かけます。

ここでの学生とは高校生は含まないのです。

あまりよく知らない金融に申し込んだら闇金だった!

などということのないようにしたいですね。

 

大学生や専門学校生、短大生、大学院生などを指しています。

19歳では借りることはできません。

例えば大学生でも1年生なら融資は断られます。

よく勘違いされやすいのは、クレジットカードと利用可能な年齢が異なることでしょう。

クレジットカードだと18歳から利用できるカードもあります。

カードローン関係にはほとんどありません。

そもそもお金を借りるという行為には社会的責任が必須となります。

それを満たすことができなければ借入はできないのです。

未成年は自己責任を取れる年齢ではないため、仮に借りられるローンがあったとしても保護者の同意が必要になります。

つまりは親が連帯保証人とならないと、借入できないんですね。

高校生がお金を必要とする場合は、親に相談してみるのが得策でしょう。

欲しいものがあるなら、親に買ってもらうという手もあります。

それが無理ならアルバイトを探して、自分で稼いでみることです。

欲しいものはお金を借りて購入するのではありません。

自分で収入を得てから買うのがベストでしょう。

嘘をついてキャッシングの審査を受けようとしても、確実に落ちてしまうので注意してください。

個人信用情報機関のデータを閲覧されますし、未成年の場合は親族に連絡が行きます。

必要書類は身分証明と収入証明であり、前者に関しては100%必要になります。

収入証明に関しては一定の金額を超えるまでは不要とされるのが普通です。

身分証明に関しては1万円の希望額でも必要になるのです。

身分証明として使われるのは運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票などです。

これらを提示すれば生年月日がバレてしまいます。

未成年が年齢を偽って借りることはできません。

通らない審査だとわかっているなら、最初から申し込みしないほうがいいでしょう。

お金を借りたい高校生はどうしたらいいの?

お金を借りたい高校生は、20歳以上になるまで待ちましょう。

20歳の誕生日になれば申し込みができます。

20歳の誕生日までに安定収入を確立しておくことです。

20歳になっても無職・無収入では1円も借りることはできません。

未成年で今すぐお金が必要といっても、まずは20歳になってからカードローン審査申し込み可能です。

キャッシング審査に必要なこと

キャッシング審査では雇用形態、勤続年数などもチェックされます。

非正規雇用より正規雇用のほうが有利となります。

勤続年数は長いほどいいので、なるべく転職は繰り返さないほうがよいでしょう。

勤続年数が2~3年以上あれば、安定的に勤続していると判断されます。

 

属性によってはお金を借りるのが不利になりますが、借入できないわけではありません。

例えば勤続1年のパートスタッフの方でも、金額を減らして申し込みすれば借入できることは多いです。

30万円と10万円ならば、後者のほうが借りやすいのは間違いありません。

キャッシングの審査というのは、原則として同ローンで二度受けることはできません。

一度審査に落ちてしまった場合は、別ローンに申し込みするべきでしょう。

できれば別の金融機関のローンを探して、申し込みすることをおすすめします。

審査の回数は3回までに抑えておくのが好ましいです。

ハードルが高すぎるローンは避けたほうがいいかもしれません。

ローンによっては正社員や公務員だけをターゲットにしている商品もあります。

どうしてもお金を借りたい高校生は、親から借金をするしかないでしょう。

友人間で貸し借りをすると、かなりの確率で友人を失うことになります。

何より同年代の相手ですから、経済状況も大きくは変わらないでしょう。

高額のお金を持っている高校生は少ないです。

友人から借りるのではなく親に頼んでみることです。

親族間の借金に関しては、未成年でも関係ありません。

中学生でも小学生でも、親が同意すれば借りることができるのです。

親族間でお金を借りる場合は、利息を請求されないのが普通です。

ただし、親に依存せずに自分でバイトで稼ぐなどの工夫も必要でしょう。

バイト収入を得ているなら、返済するあてもあるはずです。

お金を返すためには収入が必須です。

親から借金をする場合も仕事を見つけてからにしましょう。

学生キャッシングなら借りられると考えるかもしれません。

対象となるのは大学生や専門学校生などに限られます。

また未成年では借りることができず、これは街金なども同じです。

未成年でも審査なしでOKといった甘い謳い文句を並べてくる業者があったら怪しいと考えるべきでしょう。

健全な業者ほどしっかりと審査をしてから融資を決めるものです。

 

キャッシング利用している人の多くが陥ってしまいやすいワナとは?

多く重なってしまった負債と言うもの存在します。

 

積重なった負債という物が何かと言うと払渡しのために

借入することを何回も繰り返してしまい

それにより借銭が一層大きくなってしまうというような状況の事をいいます。

 

訂正が出来ない事態に陥ってしまう前に改善ができるよう取組をしていきましょう。

キャッシングの揉め事でも、多く重なった借り入れ金を無くすのは独力のみでは簡単なものではないとされているのです。

 

司法書士や弁護士に相談に乗って貰うことで後々の方向性を検討してもらうと言ったといったことも可能です。

出来る限り迅速に行動すると言う事で解決までの道を目指す事が良いでしょう。

 

借金を返すのがいかに動きかけても繰延してしまうようであれば、

まずは自身から前貸し会社に連絡をしてみると言う事が大事です。

 

どうなっているのかを分かりやすく説明し相談を聞いてもらうといった事で、

借金返済手法を変更する事ができるときもありますから、

なにはともあれ自分自身から伝言を入れてみ取ってみてみてください。

 

国民生活センターや日本弁護士連合会といった、相談ごとが話せる受付けが有ります。

 

どう言った機関であれば自分が話すのが楽なのでしょうか?

相談相手先をチョイスするという事も可能ですから、

現金前貸しのいさくさが発生した時は相談しましょう。

借りる事に対する解決の道は、属性の条件が必須です。

近頃ではインターネットなどで楽に調べることが可能になりますから、

困ったことが起きてしまった時には、

自分だけで悩む事はせず出来るのであればすぐに法律のプロにトラブルの相談しましょう。

-お金借りる審査
-

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.