お金借りる審査

社会福祉協議会での貸付審査基準 どうしてもお金が必要 いつお金借りれる?

更新日:

生活に困ったときに社会福祉協議会で受けられる公的融資制度があります。これが生活支援目的に用意された「生活福祉資金貸付制度」と言う制度のことです。

 

歴史は古く1955年に世帯更生資金貸付制度として創設されて以降、種類や使用用途に応じた各種の貸付制度がさらに追加されて今日でも、運用が継続されています。

 

対象としては生活資金を民間金融機関から融資を受けることが困難な世帯や、障害者がいる家庭、高齢者などを想定されています。

 

生活福祉資金貸付制度を利用することのメリットは、民間金融機関に比べて年間1.5-3%と言う低利息で融資をうけることが出来る点にあります。連帯保証人をつければ無利息でお金を借りることも可能です。

 

しかし生活資金などに窮しても失業中であればハローワークでの求職を勧められたり、与信力が残っている場合には民間金融機関でのキャッシングを提案されることもあります。

 

仮にこれらの対策をとってもなお資金繰りに困窮したからといって、誰でも融資を受けることが出来るというわけではなく、貸付審査が用意されており、それを通過しなければ融資を受けることが出来ません。それではどのようにすれば、生活福祉資金貸付制度を利用することができるのか、対象や手続きについて考えていきましょう。

 

まず誰が対象になるのか、申込み適格について問題になります。この点で生活福祉資金貸付制度を申し込むことが出来るのは、低所得者、高齢者、身体障害者のいずれかの条件を充たしていることが前提になります。

 

ここに低所得者とは、収入が少なく金融機関から融資を受けることが出来ない状態にある人を指します。高齢者とは65歳以上で療養や介護が必要な人、身体障害者とは身体障害者手帳を取得していて就労することが出来ない人をそれぞれ意味しています。

 

この申込適格を検討するにあたって注意が必要なのは、低所得者の所得基準が各都道府県の社会福祉協議会により多少のばらつきがあるということです。そこで実際に生活福祉資金貸付制度を利用希望であれば、最寄の社会福祉競技化に事前に確認する必要があります。

 

それではこれらの申込み適格を充たしていても貸付審査を通過しなければ融資を受けることは出来ません。それではどのような基準が設けられているのでしょうか。この点を考えるにあたって前提になるのは、融資である以上返済の見込みのでなければ、生活福祉資金貸付制度の審査を通過することは出来ません。具体例としては、既にカードローンで多額のキャッシングがある、収入が低すぎて返済の見込みが立たない等の状況にある場合には利用は困難です。無職で提示収入がない場合には失業保険の求職者給付を受給できる場合にも門前払いされることが多いようです。

 

また従前は連帯保証人がついていなければ、生活福祉資金貸付制度を利用することは出来ませんでしたが、平成21年以降は連帯保証人がいない場合でも、生活福祉資金貸付制度を利用することが出来るようになりました。ただし既述したように連帯保証人がついていなければ無利息になりますが、連帯保証人がいない場合には所定の利率で利息を払う必要があります。

 

そこで具体的な手続きの詳細についてみてみましょう。まず最寄の社会福祉協議会を訪れて、相談することが出発点になります。そこで生活福祉資金貸付制度についての説明を受けることになるので、そこで貸付審査に通るかどうかの見通しをつけることになります。

 

ここで現在の生活状況の詳細などを聞かれたりするので、仮に再就職などの他の金策の可能性があれば門前払いされる可能性もあります。

 

その後必要書類を社会福祉協議会に揃えた上で提出し、貸付審査が行われます。審査申込みには各種の書類を用意する必要があります。具体的には健康保険証や住民票の写し、世帯の資力状況を証明できる書類、連帯保証人を依頼できる人がいる場合には連帯保証人の資金力を証明する書面、失業中であれば自立のための計画書、障害者の場合では障害者手帳などを用意することになります。

 

ただし生活福祉資金貸付制度には様々な貸付の種類があるので、別の書類を求められることもあります。例えば教育支援費を希望している場合には、入学許可通知書や在学証明書などが挙げられます。

 

これらの必要書類を提出して、貸付審査が行われることになります。この審査は小口であれば各社会福祉協議会の管轄事務所で行われますが、ある程度の額については審査委員会の審査を受けることになります。審査結果は数週間後に通知されることになります。

 

この審査を通過して初めて、生活福祉資金貸付制度の利用を受けることが可能になるというわけです。審査通過後は印鑑証明書と借用書を社会福祉協議会に提出。融資の実行は借り受ける人の金融機関口座へ振り込まれます。その後は一定の据え置き期間が設定されており、その期間経過後に毎月一定額の償還(返済)が始まることになります。

キャッシングを利用するとき&借り入れ手順ついてのワンポイント!

借金をする時には事前知識として、借り入れの大体の方法について確かめておくと良いです。

 

方法として口座への振り込みにするか現金引き出しにするか、極力早く借りたいのか少々遅くて問題ないか、どんな手段を使って受け取るのが自分の場合に良いかについて検討しておくのがおすすめです。

 

 

貸金業者の中でも消費者金融からの借り入れと言うとどうも踏み切れない、というケースは結構多数存在するですが、

少ない金額のキャッシングにおいては手続きの簡便さや金利面でも得となっているケースは少なくありません。

 

 

その実際は消費者金融によって違っていますから利用する前に確かめましょう。

 

 

個人利用のローンの取り扱いがある業者は、例として銀行やカード会社、消費者ローンなど多々存在します。

 

 

お金を借りる前には、それぞれの業者におけるキャッシングに関する内容や利点や不利な点などを比較し、最低限の知識として頭に入れておきましょう。

 

pasona_35_tp_v

保証無しの融資とは保証人無しで良いことを表しています。保証人の役目は、借入れの借り手がもしお金を返せない事態で借り手の代わりとして返済金を払うという約束をした人です。

 

 

無保証の借入れという場合は人にお願いせずともキャッシングできるのです。

 

 

初めの申し込み開始から融資を受け返済が済むといった、キャッシングをする時の大体の手続きについて頭に入れておく事により基本的な点の把握についても良くなり、利用時も安心です

 

ウェブを用いて情報を調べておけば、さまざまな知識を容易く得る事が出来るでしょう。

pasona_13_tp_v

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.