エクイティファイナンス

エクイティファイナンスで経営支援 返済の必要がない株主資本による資金調達の秘訣 カードローンやキャッシングの差異を知ろう

更新日:

株式会社の資本調達には負債とエクイティファイナンスがあります。負債は金融機関や公的機関の審査が必要で、負債額に金利を加えて返済しないといけません。

 

エクイティファイナンスは新株を発行して、投資家に売ることですので、返済する必要がありません。財務の健全化を図るための経営支援はエクイティファイナンスの方が良いですが、株式の希薄化を招くため、既存の株主には十分な優位性を説明する責任があります。また、新株を発行しても購入してくれる投資家がいなければ資金調達することができないので、購入してくれる投資家にメリットのある手法を用います。

エクイティファイナンスの手法には公募増資、第三者割当増資、転換社債型新株予約権付社債などがあります。

公募増資とは新株を発行して、不特定多数の投資家に取得の申し込みを勧誘することです。

 

上場企業の場合、時価で公募増資しても、市場で株式を購入するのと変わりません。投資家にメリットをつけるために株価をディスカウントして販売します。公募増資を行う会社は事業拡大のために資金を集めることを目的とします。株式の希薄化を招きますが、公募増資で集めた資金で事業拡大がうまくいけば株式の価値は戻ることになります。

例えば、公募増資によって、発行済株式数が2倍になれば、理論的には株式の価値は半分になります。

 

しかし、増資によって資金が増えた分、設備投資や企業買収などの攻めの経営ができるため、利益が大幅に増加して、企業の資産が2倍になれば、株式の価値は同じになります。

 

経営者は既存株主に中期計画を発表して、将来的には株式の価値は今以上になることを説明することが重要です。

 

第三者割当増資とは新株を発行して、特定の第三者に新株を引き受けてもらうことです。この手法は業務提携、経営状態の悪化による経営支援、敵対的買収の防衛策などいろいろな用途で利用されています。

 

業務提携は提携会社に新株を引きうけてもらうことで、提携会社との共同事業の資金に割り当てることや、株主になってもらうことで、提携の結束を強くする狙いもあります。

 

経営状態の悪化による経営支援は業績回復が見込めず、自立再建できないと経営者が判断したときに会社を売却するか、スポンサー企業を探します。売却であれば、買収する企業が第三者割当増資を引き受け、議決権の過半数以上の株式を取得します。スポンサー企業であれば、経営権は譲渡せずに大株主として第三者割当増資を引き受けます。

 

敵対的買収の防衛策は敵対的買収によって株式を大量に取得している時に第三者割当増資によって、発行済み株式数を増やすことで議決権の割合比率を低くして、敵対的買収を防ぐのを狙います。

 

ただし、第三者割当増資を引き受ける企業を探さなければいけいことと、株式の希薄化する正当な理由を示さなければ、既存の株主に損害を加えたことになるので、違法性にならないような方法を十分考慮しなければいけません。

 

転換社債型新株予約権付社債とは社債を発行するため、負債になりますが、社債を新株に転換することができます。新株に転換すれば、社債はなくなるため、負債ではなくなり、負債額に金利を加えて返済する必要がなくなります。

 

例えば、5年満期で年利は単利3%で100万円の転換社債型新株予約権付社債を発行します。株式に転換すると1株1000円で転換することができます。

 

市場の株価が1株1200円であれば、株式に転換して、市場で売却すれば120万円になるため、満期を待たずに20万円の利益になります。すぐに株式に転換せずに、転換社債型新株予約権付社債での資金調達によって、事業拡大が成功すれば、株価が上昇して、利益が増える可能性もあります。

 

株価が1株1000円未満であれば、株式に転換せずに満期まで保有していれば、年利は単利3%で5年分ということで、5年後には15万円の利益になります。

 

転換社債型新株予約権付社債を発行する会社は株式に転換してほしいため、転換できる株価は市場より安く設定するのが一般的です。

 

公募増資、第三者割当増資、転換社債型新株予約権付社債などのエクイティファイナンスは短期的に多額の資金調達を可能としますが、長期的な資金調達であれば新株予約権を発行する方法があります。

 

新株予約権とは決められた株価で購入する権利のことです。

 

例えば、1株1000円で購入できる新株予約権は投資家が引き受けます。市場で1株1200円であれば、新株予約権を行使すれば、1株1000円で購入して、市場で1株1200円売れば、200円の利益になります。

 

もし、1株1000円未満であれば、新株予約権を行使しなければよいので株価による損失はありません。

 

新株予約権は行使するのは投資家によって違うので、短期的に新株が増える可能性が低く、株式の希薄化を和らげるメリットがありますが、株価が上がらないと、行使されないため資金調達ができなくなるデメリットもあります。

 

キャッシングが割と少なめの額の資金だけなのとはまた逆に、

カード貸付の方は大口貸付も頼めます。

a0003_001878

 

そもそもこういう様な相違というものは元の仕組みが違ってくる為生まれてきた物、長期返済する事が前提となるローンの特質と言ったところであり。

 

カードローンで借り入れる事があった時、前もって制限枠といった物が決められます。その限度の額を越えなければ何べんでも借りると言うことが可能な所もキャッシングと違っているところでしょう。

 

イージーペイメント・リボ払いで返していくことになります。貸付金額が低額なもの中心のキャッシングでは金融機関側が受けるとされるリスクも小さくなる為、審査も比較してみると易しいものとなってきています。

 

ローンですと、それが銀行の場合にはノンバンクとはまた異なって査定がシビアになりますが、それによって信頼性は大きいものと言えるでしょう。

 

目的別である貸し付けというものは不動産や乗用車、子どもの学費等個別の使途にだけ使う事ができる融資の事です。

 

どうの使うのかの適性を審査が厳重なため結果が出されるまでに幾分時間は掛かるため、キャッシングと異なって低い設定の金利での借金もできるのです。

 

同じ制約のキャッシングですとかローンであったとしても、業者や品の種類次第で契約の形式や金利に差が生じてくる可能性があります。

a0003_001873

そうならない為に事前に各々の会社の相違点を知っておくことで、私たちは今よりずっと思わしい方法でお金を貸して貰うことができるのです。

-エクイティファイナンス

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.