お金借りる審査

プランフリーローン審査は在籍確認ある?専業主婦でもお金借りたい

更新日:

「プランフリーローン」とは、主に銀行が取り扱う個人向けのローンサービスのことです。「多目的ローン」とも呼ばれます。

 

通常のローンの場合、目的が明確にされており、それ以外に使うことができません。

 

ですが、プランフリーローンの場合ですと、利用目的の制限がないため、たとえば引っ越しや結婚に関わる様々な出費、保険が適用されない歯科治療など、様々な用途に自由に使うことが可能です。

 

消費者金融や一般的な銀行系カードローンなどと同様に、審査を経て初めて融資を受けることが可能になります。

プランフリーローンを実施している金融機関は多く存在しています。その中で、どのような点に注意して選べばよいのでしょうか。

プランフリーローンを選ぶにあたって注目したいのが、「金利」と「利用条件」です。さらに、可能であれば「繰り上げ返済手数料無料」であるとなおよいでしょう。

まず金利についてですが、これは借りたお金にかかる利息のことです。

 

金利が高ければ、せっかくお金を借りることができても、返済に苦労してしまうケースも十分に考えられます。

 

当然金利が低いに越したことはありません。金利10%未満のフリーローンが理想でしょう。

 

基本的に消費者金融のカードローンと比べ、銀行系のローンは金利が安く設定されています。その中でも、金融機関によって金利には大きなばらつきがあります。

 

大手都市銀行(メガバンク)の場合、一ケタの金利で利用できることもあります。

次に注目すべきは自分が描く金融機関が定める利用条件を満たしているかという点です。

 

いくら金利が低いプランフリーローンを実施している金融機関を探し当てても、利用条件を満たしていなければ審査に通ることはできません。先ほどのお話で大手都市銀行の金利について触れました。

 

確かに、大きな銀行の金利は低く、このようなところでお金を借りることができればこれ以上うれしいことはないでしょう。しかし、低金利であるからこそ利用条件もまた厳しく設定されているのです。

 

大手都市銀行の場合、その多くが「前年度の税込み年収万円以上」かつ「勤続年収2年以上」となっています。

 

この条件を満たすには、パートタイマーやアルバイトの方は難しいといわざるをえないでしょう。

 

さらに、専業主婦の利用が不可であることも多いため、もし見つかったとしても競争率はさらに高いものになるでしょう。

大手都市銀行の利用条件を満たすことができなかった場合、次に注目したいのが「地方銀行(第二地方銀行」のフリーローンです。

 

大手都市銀行が1ケタ金利であるのに対し、こちらは14%前後と、かなり高くなってしまいます。この数字は、通常のカードローンとほとんど変わりません。

 

ですが、その銀行を給与受け取り口座に指定している場合などには、金利が引き下げになることもあるようです。

 

銀行の営業区域内に住居または勤務先があることが利用条件に含まれますが、多くの場合専業主婦の利用も可能です。中には来店不要で手続きを完了させることが可能な金融機関も存在するため、少数ですが電話による在籍確認がないところもあります。

 

近年では、インターネット銀行のフリーローンも普及しつつあります。

 

一般的な銀行のカードローンやフリーローンの多くが電話による在籍確認を行うため、職場や家族に内緒でお金を借りることが難しいことがあります。

 

しかし、インターネット銀行の場合は、その銀行の口座を有していることが利用条件に含まれていることが多いため、比較的簡単に手続きを済ませることが可能なのです。

 

明細書の送付がない、繰り上げ返済手数料が無料のネット銀行もあります。ネット銀行は店舗を持ちません。そのため、店舗まで足を運ぶ必要がありませんし、窓口での面倒な手続きもありません。

 

インターネットや郵送で手続きが完了しますし、インターネットで手続きが完了できるタイプの場合には審査も早く、在籍確認の電話がかかってくることもありません。

 

これは周囲に金融機関から借り入れを行っているという事実をあまり知られたくないと考えている方にとっては、大きなメリットであるといえるでしょう。

 

さらに、専用のATMを持たないインターネット銀行には、提携するATMが全国各地に存在します。

 

コンビニエンスストアに設置されているATMも指定されている場合がありますので、何時でも借り入れ・返済が可能なこともメリットであるといえるのではないでしょうか。

 

しかしながらインターネット銀行にもデメリットは存在します。まず、上限金利が通常のカードローンと変わらないという点です。

 

次に、そもそもフリーローンを行っているインターネット銀行事態が少数であることが挙げられるでしょう。

 

総合すると、インターネットや郵送で手続きをすべて完了させることが可能である反面、

 

金利は低くないため、普段利用しているインターネット銀行がフリーローンを実施していて初めて活用できる、ということでしょう。

 

専業主婦でも利用でき、金利が低いフリーローンという条件にあてはまる金融機関を探すことは困難であるといわざるを得ませんが、0ではありません。

 

根気よく探すことが大切です。

 

キャッシングでは負債はその次の月にスッキリ償還するという事が一般的です。

a1640_000064

他方でカードローンでは、分けて払う方法やリボルビング払いで元利を返済する方式を取っているようです。

 

二者の異なるところとは元は弁済の仕方にあると言えます。

 

ですが、この頃ですと大した違いが見られなくなってきているようです。

 

キャッシングと比べますと金利の低く定められているローンであるのですが、フリー貸付ですと用途がある貸付と比べますとなかなか高めの利息を払わなければならないことになっています。

 

支払い期間や利子等、各々について異なるところについて細かく把握した上で、計画的な借入手法を見つけて行きましょう。

 

キャッシングといった機能がついたクレジットカードというものは給与支給日がまだきていない時のを要する出費等もしもの時に便利です。

 

ですが、借入金では無くまるで自分のものという気持ちに陥りがちなので、緊急場面以外の時は軽い気持ちでは扱わないないのが賢明といえます。

 

使途限定の融資とは自宅や学費、マイカーなど個別の使い道に限って使用することが出来る融資のことです。

 

ローンの使い道の適性を査定が厳しいために結果が分かるまでにいくらか時間も要するため、キャッシングとは違って少ない利率での貸し出しを受け取るということができます。

 

キャッシングおよびカード貸付の違ったところというものは掴みにくいかもしれません。

 

安直に言うとすれば前者というのは現金を貸し付けて貰うこと、もう一方は貸してもらったお金の返済を月賦で行うこと、ということになるでしょう。

 

利用する際はその前にそれぞれのはっきりした違いを把握しておくのがと便利と言えます。

a0003_001906

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.