市役所からお金借りる

市役所からお金を借りることはできる?どうしてもお金が必要

更新日:

市役所からお金借りれる?ピンチの時に

市役所からお金を借りることはできるのでしょうか?

不思議に思う人も多いでしょう。

そんなことは出来るはずがないと考える人がほとんどでしょう。

ある条件を満たせば市役所からお金を借りることはできます。

市役所キャッシングともいわれることもあります。

これは、お金を貸すということよりは、福祉的な意味合いです。

お金を支援するというような目的で貸してくれることがあります。

市役所でお金借りる生活福祉資金貸付制度と条件とは?

市役所でお金借りる制度の正式名称としては生活福祉資金貸付制度というものです。

この生活福祉資金貸付制度は文字通り、目的が福祉となっています。

利用者には条件があります。

それが、65歳以上の高齢者がいる場合、障碍者がいる場合、低所得者の場合ということです。

つまり、何らかの理由によって生活が苦しい世帯に限ってお金を貸してくれるというものです。

この生活福祉資金貸付制度の金利というのはすごく低いのが特徴です。

連帯保証人がたてられる場合には0%の金利でお金を借りることが出来ます。

連帯保証人がたてられない場合でも年間1.5%という低金利でお金を借りることが出来ます。

この金利の安さというのが大きな特徴ということがいえるでしょう。

銀行のローンなどの金利を考えれば、この低金利は驚くばかりです。

これも福祉を目的としているからということがいえるでしょう。

 

収益を上げることを目的としていては、このような金利ではとうてい収益はあがりません。

 

従って、この生活福祉資金貸付制度は税金によって維持されている制度ということになります。

この貸付による利益で運営されている制度ではないということがいえるでしょう。

 

そのため、条件というものはかなり絞られていることも特徴的です。

かなの生活が苦しいという状況でなければ、この条件をクリアすることが出来ないようになっています。

借りられるお金の限度額は、目的別で異なっています。

生活支援目的で借りれる金額

二人以上で月に20万円以内、

単身は月15万円以内、

一時生活再建費なら60万円以内、

福祉費は500万円以内、

高校生の教育支援費であれば、月に3.5万円以内

 

などと細かくなっていて、目的によって用途が違うということになっています。

 

返済期間も当然用途によってことなりますし、お金の借り入れ金額によって異なります。

 

かなりの限度額まで借りられるような設定にはなっています。

基本的に市役所などからの借り入れというのはとても厳しい条件があります。

なかなかこの条件に該当するということはないのが実情です。

市役所などの公の機関も基本的な姿勢として、お金を貸しつけるこのような制度があることを、宣伝していません。

福祉目的ですから宣伝がないのは当然です。

この制度は本当に生活に困った人向けの最終手段としておいているだけです。

基本的にはこのような制度を使うことはないことが望ましいと考えているといえるでしょう。

 

お金を借りるということは望ましいことではないけれども、どうしても仕方がないという人には、こうした制度があるということです。

 

どうにもならないという理由があるときにある制度というように、理解しておくのがいいでしょう。

 

高齢者や障害者が条件として入っていることも、そのことの現れです。

自分の意志ではどうにもならない状況というものがあるときに使える制度ということです。

市役所などの役所はお金を貸すようなことを仕事とするのではなく、管理を仕事としています。

 

このような市役所からお金を貸す制度があること自体が驚きではあります。

これは憲法でいうところの、最低限度の生活を保障するということからきている制度といえます。

この考え方には賛否の両論があります。

 

特に今は年金の不正受給や生活保護の不正受給など多くの問題を抱えている時です。

国は世界一の借金を抱えている状態で、生活保護などの最低限の生活保障が出来ていることが不思議です。

こうした制度もどんどんと見直されている傾向があります。

 

何しろ国にはお金がないので、当然市役所などの役所にもお金はありません。

 

ですから、こうした福祉の制度については、まず利用することは推奨されません。

 

そのため、ほとんど世に知られていないわけです。

最近ではネットの普及によってこうした制度があることも紹介され始めています。

社会のセーフティーネットとして、最終的にはこのような方法もあるということは知っておいていいでしょう。

 

利用するかどうかについてはその状況によって考えることになります。

最初はまず一般の金融機関を考えるべきでしょう。

お金を借りれば金利の負担が発生するというのは当然のことです。

 

人様の資産を借りているわけです。

お返しする時には、そのお礼としていくらかの金利を負担するのは当然のことです。

 

ただ、今の金融機関の金利は高すぎるということはいえるでしょう。

 

各種ローンなども、この高い金利の為に苦しんでいる人というのは大勢います。

 

そのため、生活福祉資金貸付制度のような制度が出来たのかもしれません。

 

ヤミ金と言う単語は漫画ですとか映画などでたびたび聞く事のある言葉です。

現実でも色々な不安要素となっているのです。

我にも無く闇金融に足を突っ込んでしまいもつれが発してしまった、

などと言う事が起こる事が決して無い為にも、キャッシング企業を選ぶ際には用心する事が必要であるのです。

 

銀行などにするはずの返納が遅れてしまうと言った事があると、遅延利息といったものがかかってします。

 

尚且つ、借入の払い渡しが滞ってしまったことで自分の信用までもが失われます。

何度も何度も延滞する事を続行していると、使用できなくなるなどと言った処罰に課される事になってしまうので要注意です。

 

キャッシングを利用する事があったりつけで代金を支払った際に、記録されてしまう支払いの情報機関というものが有ります。

 

例えばそこで万が一返納が遅くなってしまうような事があった際には、事故情報として登記されてしまうのです。

 

また、この延滞情報の事をブラックリストなどと呼ぶ時もあるのです。

 

お金の借り入れ金でやりくりできなくなった状態から脱出するためには、任意整理・自己破産といった手段が存在するのです。

 

自分自身にはどう言う手段が向いているかは、スペシャリストの手に託すことが定かだと思われます。

弁護士へ依頼する事を考えましょう。

借入が返せない!多重債務になってしまったら・・・

借入によって多重債務に陥る方もいます。

借り入れ金があるゆえに、頭を抱えている方々は沢山存在します。

これを確実に解決出来る手法が存在しています。

自分一人で苦しむ事は辞め、できるだけ急いで弁護者などのスペシャリストに相談しましょう。

そうする事によって適正と思われる解決法があります。

-市役所からお金借りる
-

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.