リクルートカード

リクルートカード在籍確認 本人確認はある?審査基準

更新日:

リクルートカード審査の流れ

リクルートカードは、年会費無料で、還元率の高いカードです。

リクルートカードの審査は、比較的通りやすくなっています。

当然ながら条件や基準があります。順番に見ていきましょう。

リクルートカード申し込み条件

18歳以上

本人または配偶者に安定した収入があること

高校生は不可

専業主婦や大学生でも、申し込み可能

(大学生の場合は、親権者の同意が必要)

 

リクルートカード申し込みに必要なもの

・リクルートID(ない方でも、すぐに作れます)

・パソコンか携帯のメールアドレス

・本人の住所、電話番号、生年月日などの情報

・勤め先の会社名、郵便番号、所在地、電話番号がわかるもの(名刺など)

・運転免許証(お持ちの方のみ)

・カード代金の引き落とし口座となる金融機関口座

・オンラインバンクへのログイン情報(VISAのみ)

リクルートカードへの申し込みは、ネットで行います。

ブランドは、VISAとJCBのどちらかを選べます。

両方を所有することも可能で審査機関がちがいます。

VISAは、三菱UFJニコスが審査を行います。

JCBは、JCBが審査を行います。

審査内容も審査時間も異なってくるということです。

審査時間は、VISAのほうが早く、最短1日で結果が出ます。

JCBのほうは、1週間か2週間かかります。

なお、クレジットカードには、キャッシング機能がついています。

キャッシング機能までつけると、審査にその分余計なものが加わります。

続いて、審査内容です。

いわゆる、属性審査というものがあります。

名前、住所、電話番号などのほか、職業、勤め先、収入、勤続年数、居住形態などです。

この属性をどう判断するかは、クレジット会社によって違ってきます。

点数のつけ方が、まちまちで、外部からはうかがい知ることができません。

大事なのは、うそ偽りなく正直に申込書に記入することです。

この後、本人確認の電話が入ります。

聞かれる内容は、名前、住所、生年月日などです。

リクルートカードの在籍確認 会社や職場に電話が来る?

リクルートから会社へ在籍確認があるのでしょうか?

最近のクレジット会社は、在籍確認をしない傾向があります。

特に審査が早い場合は、在籍確認をしている時間がないケースも多いのです。

しかし、絶対かかってこないとは限りません。

 

在籍を確かめるためではなくても、自宅で本人確認ができないときに、会社へ問い合わせが行くことがあります。

また、大学生が親権者の同意を得てカードを作る場合は、親権者に確認の電話が入ることもあります。

 

属性審査の次は、信用情報のチェックです。

クレジット会社は、JICC(日本信用情報機構)やCIC(指定信用情報機関)を通じて、信用情報を調べることができます。

もし、過去にローンやカードの支払いの遅延や延滞、携帯電話の支払いトラブル、自己破産などの情報があれば、審査に通るのが、かなり難しくなります。

しかし、このような、いわゆるブラックの人でも、クレジットカードが発行されることはありますので、一応は申し込みをしたほうがいいでしょう。

また、このような事故記録は、5年くらい(内容によって、時期がちがいます)で消失するので、審査に落ちた人は、記録がきれいになるのを待つ必要があります。

自分の信用情報を調べることもできます。

一方、信用情報に傷がない人は、収入がそれほど高くなくても、審査に通る可能性は高いです。

学生でも申し込めることから、収入については、それほど厳しい基準ではないのでしょう。

なお、申し込みを済ませると、メールで受け付け確認が行われます。

VISAのほうは、それとともに紹介番号が送られてくるので、その紹介番号を使って、審査の進捗状況を確認できます。

残念ながら、JCBのほうには、確認の手段はありません。

その他では、リクルート関連サービスの利用状況も参考にしている可能性があります。

リクルート関連サービスとは、じゃらんやゼクシー、ホットペッパーグルメ、SUUMO、スタディサプリなどです。

以上述べたような審査の結果は、メールで送信されてきます。

リクルートカードの審査に通過したら、口座振替依頼書が郵送で送られてきます。

 

書類を送り返せば、手続き終了です。

その後カードが送られてくるのを待つだけです。

家族カードも無料でできます。

本会員ですでに審査は済んでいるので、家族カードを発行するのに、審査は必要ありません。

発行枚数は、VISAカードが19枚まで、JCBカードが8枚までです。

ところで、カードが発行されたからといって、もうあとは完全に自由に使いたい放題ということにはなりません。

カード使用中でも、時々使用状況についての調査が入ります。

途上与信といいます。

入会時の審査だけではなく、使用時の利用状況や返済状況も逐一チェックするのです。

信用情報機関への照会も行うので、他社の利用状況もわかります。

この調査によって、利用額を増やしたり、更新させるかどうかを決めていきます。

ですから、支払いの遅延や延滞は、ぜひとも避けたほうがいいでしょう。

 

リクルートカードでお金を借りたときの金利とは

借入のお得に利用するなら、金利負担を少しでも低めに抑える事です。

金融会社で金利を比べたり、キャンペーンを確かめることでかなり良い条件にできます。

消費者金融系でお金を借りる事には少し抵抗を感じる方はいると思います。

リクルートカードのような信販企業なら、抵抗意識を抱かない方が多いかもしれません。

最近は大手銀行系統が運営する消費者金融企業も増えています。

一度スマホ利用で情報を調べてみてください。

借入金利に関わる特別なキャンペーンがいっぱいあります。

決められた審査条件を通過する事が出来ると期間限定付きで利息免除の優遇キャンペーン等、

お得な独自サービスを用意しています。

ビジネス運営費や想定外の交通事故等、いかにしても早々にお金が必要になることは誰にでもあります。

 

審査が厳し目なところに融資金を頼むには時間がかかるところもあります。

リクルートカードでは即日融資はできませんが、金利が安いのは魅力です。

 

消費者金融ではスムーズにいけば即日融資も可能です。

キャッシングの審査が通ってお金が手に入るとつい一息ついてしまう人がいます。

 

返済仕方をチェックしておけば、キャッシングは生活に便利なサービスといえます。

-リクルートカード

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.