ビジネスパートナー

ビジネスパートナー審査基準 どうしても開業資金の資金調達が間に合わないので、ビジネスローンで資金繰り

更新日:

「今月はどうしても資金調達が間に合わない」

と焦っている経営者、事業者の方に、ビジネスパートナーに相談することをおすすめします。

新規借入の場合、借入日の翌日から初回返済日までの最大45日間の金利が無料になります。

1回目の返済までに全額返済すれば、金利は無料です。

初回返済日以降も継続して借入れた場合でも、45日以降の借入残高に関してのみ金利がかかるのでとてもお得です。

ビジネスパートナーのビジネスローン「スモールビジネスローン」なら銀行からの融資を断られた場合や保証人を立てることができない場合などでも相談することができます。

キャッシングの審査書類が整えば、最短1日で融資してくれるから、急ぎの資金調達にはとても便利です。

スモールビジネスローンは、原則担保や保証人の必要がありません。

ただし、法人の場合は代表者の連帯保証が必要です。

お金を借りる融資対象は、法人または個人事業主で満20歳以上満69歳までの方になります。

原則として、2期以上の経営実績がある法人または個人事業主が対象となるので、気をつけましょう。

融資の限度額は、50万円から500万円です。

融資限度額の範囲であれば、10万円から追加融資が可能、カードの場合は1万円から追加融資が受けられます。

インターネットの会員サイト「マイページ」からの申し込みで、簡単に追加融資の依頼ができます。

融資の資金は、事業資金としての利用であれば、利用目的に制限がないので助かります。

ローン手続きにかかる事務手数料や繰り上げ返済手数料などの経費がかからないので安心です。

実質年率は9.98%から18.0%で借入金額により設定されます。

返済方法は借入時残高スライド元金定額リボルビング方式

融資借入期間 最長5年

融資借入回数 最長60回

スモールビジネスローンは、わざわざ店舗に出向かなくても手続きできます。

忙しい事業主にはとても便利です。

申込み方法は、インターネットのオンライン申込みの画面に必要事項を入力します。

その内容を基にビジネスパートナーで仮審査が行われ、結果が電話で連絡されます。

その後、必要書類を提出し本審査が行われ、承認されれば融資が開始されます。

必要書類は、すべてがそろわなければ承認が受けられません。

スムーズに承認を受けたいのであれば、書類の不備や提出漏れのないよう注意しましょう。

必要となる書類は、法人の場合なら代表者の本人確認書、登記事項証明書、印鑑証明書、直近の決算書2期分です。

個人事業主の場合は、本人確認書、印鑑証明書、直近の確定申告書2期分と借入計画書が必要となります。

スモールビジネスローンは、事業用ローンなので総量規制の対象にはなりません。

個人の借入の場合、総量規制がかかるため収入等の3分の1以上の借入はできませんが、スモールビジネスローンならそのような上限を気にすることなく融資が受けられます。

個人事業主でも一定条件を満たせば、総量規制の例外としてみなされます。

スモールビジネスローンの審査基準は、申込者の年収、家族構成、住居形態、他者からの借り入れ状況などがチェックされるとともに在籍確認も行われます。

それと同時に、経営基盤や会社の業績などの事業状況もチェックされます。

事業計画書などの提出を必要としないので申し込みやすいです。

これらの基準は、ビジネスパートナー独自の基準によるもので、銀行などに比べて承認率が高い点がメリットです。

スモールビジネスローンは、カード利用で24時間365日、必要な時に提携先のコンビニエンスストアATMから入出金ができます。

急に資金が必要になった時でも、限度額以内なら何度でもATMから借入でき安心です。

事業資金以外に必要であれば、不動産担保ローンも利用可能

もっと多額の資金が必要な場合は、不動産担保ローンを利用することもできます。

不動産担保ローンは、事業資金の目的範囲内なら融資資金をどのように利用しても大丈夫です。

 

担保にする不動産が抵当権付のものであっても相談に乗ってもらえるので助かります。繰り上げ手数料や解約手数料などが必要ないので、事業のつなぎ資金として利用するのにとても便利です。

 

審査内容も決算内容や設立年数にかかわらず将来性を重視して多面的に判断してもらえるので承認率が高く頼りになります。原則保証人の必要がないので安心です。ただし、担保提供者には連帯保証人になってもらう必要があり、法人契約の場合も代表者の連帯保証が必要なので注意しておきましょう。

 

実質年率が5.0%から15.0%というのも魅力です。借入金額も100万円から1億円までと多額の融資が受けられるのも助かります。限度額以内であれば、何度でも借入することができるので安心です。

 

予定していた資金調達が上手くいかなかった場合など会社の運営資金に困った時は、諦めずに一度ビジネスパートナーに相談してみることをおすすめします。少額の融資の場合はスモールビジネスローンが利用でき、多額の融資が必要な場合でも不動産担保ローンが利用できます。

 

キャッシングの場合割と少額な資金に限っているのとは反対に、

カードローンの方では大金の貸し出しも申し込めます。

a0003_001887

そして、この違いというものは本来の成立までの過程が違うところから生まれてきた物、長期のお金の返済が大半のローンの特色と言えますでしょう。

 

キャッシングの方が利子が高くなるように設定されているその訳は、一度に総てを負債を解消すると言うものがオーソドックスであるためなのです。

 

一括返す場合は、金利を払い渡す事は1回だけです。ですので、カードローンに比べ高めに取り決めてあるといった相違が有ります。

 

ショッピングをクレジットカードでする場合は、次の月一括払いでしたら通常利息は払う必要はありません。キャッシングによって貸付して貰うのは手軽ですが金利がプラスされてしまいます。

 

こう言うような相違点がどんどん積もっていくことで大きい差異となっていくのです。カードローンそしてキャッシングでの相違と言いますと支払方法でしょう。

 

ローンは借金を月払いやフレックス払いでお金を返済し、もう一方は基本では貸し付けてもらっているお金を一度に償却することになります。

 

この2つのうちどちらの方がお得であるのはケースバイケースです。

a0003_001880

今の世の中はカードローン・キャッシングはさして違いのないものとなりつつありますから、各々の特徴は想像するのは難しいかも知れません。

 

かと言って、ほんの少しの差に思えるものが実質は驚いてしまう程大きな差であったりする事が十分にある事なので、注意深く吟味しておくのが良いでしょう。

-ビジネスパートナー

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.