SBIモーゲージ

sbiモーゲージの在籍確認は 住宅ローンフラット35の審査期間 貸付けの際起こった体験談

更新日:

フラット35は、独立行政法人、住宅金融支援機構が販売している住宅ローンです。国の行政からは独立していますが、監督下にあるので、実質的には、国による住宅ローンとなっています。
このフラット35を実際に販売するのは、機構が委託をしている銀行や金融機関です。

 

このため、銀行や金融機関自体が組む住宅ローンとは、審査基準がかなり異なっています。年収、職業、健康状態に問題を抱えた人で、他の住宅ローンを断られた場合でも、申し込んでおけば、審査に通ることもあります。

 

ARUHI(旧SBIモーゲージ)は、このフラット35を取り扱う金融機関の中で、シェア6年連続1位を記録しています。これだけ人気が高いのは、ネット銀行にはない行き届いたサービスがあるからです。
では、ARUHI(旧SBIモーゲージ)のフラット35を申し込む手順です。

 

まず、WEBか電話で、来店予約をします。新規借り入れの場合は、事前審査もできます。

 

事前審査に当たっては、申請書や本人確認書類、収入証明書などを提出します。事前審査は、最短当日には済みます。けれども、追加資料の提出が必要な時は、数日を要することがあります。

 

事前審査の結果は、承認、否決、留保の3種類です。

 

次に、申込書類の提出です。年齢や職業、勤務先、業種などのほか、連帯債務者がいる場合は、その内容を記入し、物件情報を加えます。店舗で記入することもできますし、郵送で送ることもできます。

 

記入は、契約者が行います。後で、面談時に、記入者との筆跡照合を行います。代筆であることが判明すると、融資が難しくなることがあります。

 

その他の必要書類は、事前審査と同じく、本人確認書類や収入証明書のほか、物件資料などです。

 

続いて、本審査です。売買契約前でも、審査可能です。提出された書類をもとに、審査が行われます。

 

提出した書類だけで、勤務先を確認できる場合もありますが、在籍確認の電話が入ることもあります。

 

書類の不備などがある場合にも、自宅に電話がかかってくることもあります。

 

この本審査は、最短3営業日で終わります。追加書類の提出などが必要な場合は、より日数がかかることがあります。実際のところは、3日で終わらないケースも多いのが現状です。追加で提出しなければいけない書類が、意外にあり、その審査も含めると、少し時間がかかります。あくまでも書類に不備がなく、事務処理が順調に進んだ場合にのみ、3営業日で審査が終わります。

 

いずれにせよ、事前審査が最短当日で結果が出て、本審査が最短3日で終わるというのは、かなり早いといえます。ふつう、住宅ローンの事前審査は1週間、本審査は2週間から1ヶ月、場合によってはそれ以上かかることを考えると、ARUHI(旧SBIモーゲージ)のフラット35は、審査が特別スムーズに行くローンであることがわかります。

 

審査基準の問題に移りましょう。ほかの金融機関の住宅ローンを組めなくても、フラット35なら組めるケースがかなりあります。というのは、ふつうの住宅ローンと審査基準が違うからです。
まず、申し込み条件です。

 

1.申し込み時70歳未満、最終返済時80歳未満の方。親子リレー返済をされる方は、70歳以上も可。

2.勤続年数には、決まりはありません。
3.職業についても、制限はありません。パートやアルバイト、派遣社員でも構いません。

4.総返済負担率(収入に対する返済額の割合)は、年収400万円以下の人が30%以下。年収400万円以上の人は、35%以下。

5.適合証明書を取得する必要があります。適合証明書とは、住宅金融支援機構の定める技術基準に合致しているかどうかの物件検査を受けたのちの発行される証明書です。
具体的な内容を見てみましょう。

まず、床面積は、1戸建ての場合は、70㎡以上。マンションの場合は、30㎡以上。

 

新築の場合は、土地・建物の購入費用は1億円(消費税込み)以下で、取得日が申込日の前々年の4月1日以降で、未居住であること。

 

中古の場合は、土地・建物の購入費用が1億円(消費税込み)以下で、竣工後2年以上経過した物件。すでに居住していても構いません。

 

融資額は、購入価格の10割以下です。

 

以上のような審査が本審査で行われますが、審査に通れば、面談が行われ、すぐに融資となります。

 

ARUHI(旧SBIモーゲージ)のフラット35の金利はかなり低く設定されています(購入金額の90%以上の融資を受ける場合は、金利が高くなります)。

 

全期間固定金利なので、金利が高くなっても返済額が増えることはありません。ローン返済期間は、最長35年です。

 

そして、保証人・保証料は不要。繰り上げ返済手数料は無料です。事務手数料は、融資金額×2.0%(消費税別)です。

 

なんといっても、金利が安いことと、審査が早く、融資まで迅速に進むところが、ARUHI(旧SBIモーゲージ)のフラット35の魅力です。

 

お金を短期間で準備しなければならない方には、強力な味方です。

 

 

ヤミ金融と言う単語はドラマや漫画などでよく聞きますが、

 

現実社会でも様様な不安材料になっています。

つい闇金融に足を突っ込んでしまったことにより揉め事が起こってしまった、

などと言う事が起こることが絶対にない様にするために、貸金企業を選ぶ際は十分に注意するということが必要と言えます。

 

サラ金で契約を拒まれてしまった際に、ヤミ金融などに関わってしまったという人は中々多く居るです。

 

巧い言葉を使い貸し付け金をもちかけてきますからのでうっかりと借入てしまうと言った事がある様なのですですが、

とてつもない利子を主張されてしまうといったトラブルがいまだに無くなりません。

 

容易く貸し付けを受ける事がが出来てしまう為借金返済の繰延について危ういと考えることがない人が存在するのですが、

支払い情報が1回であっても傷付けられてしまったあと、簡単には元に戻ることはありません。

 

これを踏まえ後々悔やむことのない為に注意を払った行いをしましょう。

 

弁済が何を行っても遅れてしまいそうな場合には、

自分のほうからキャッシング会社にコンタクト取ってみるという事が肝要です。

 

状態を分かりやすく説明し相談に乗って貰う事で、返納手法の更新ができる時がありますから、

先ず自身から一報を入れてみましょう。ヤミ金融には近付かず、

関係を持つことがないようにする事が極めて良いのもつれを遠のける手段であるといえます。

 

大幅な紛糾等が生じた後ではもうとっくに遅いですから、

軽薄な気持ちで借入をすると言うことが無い様に心がける様にしましょう。

絶対に正式でない業者とは取り引きを行ってはしてはなりません。

-SBIモーゲージ
-

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.