お金借りる審査

所得証明はキャッシング審査に必要? お金を借りるカードローン審査の際に必要書類

更新日:

所得証明はキャッシング審査に必要? お金を借りるカードローン審査の際に必要書類

所得証明の必要性は、キャッシングの申し込みを検討する際に気になる項目の一つです。

年収を客観的に証明できる所得証明は、融資を提供する金融業者にとって、是非とも確認しておきたい書類です。

ただ、近年は少ない手間で手早く貸し付けを行う、というサービスの提供方法にシフトしていますから、必ずしも提出を求められないといえます。

むしろ現在は、勤務先の在籍確認さえ済めば、所得証明の提出を不要としている金融業者も少なくありません。

例えば、銀行のキャッシングだとある程度の借り入れまでなら提出が必要なかったり、一定以上で提出を求めるなど、金額によって条件が定められていたり、金融業者の対応にもバラツキがあります。

つまり、一概に提出が必要とはならないものの、申し込み先や希望する融資の金額に左右されることになります。

パートやアルバイトでも、収入を得ていれば返済能力は認められるので、少額の貸し付けであれば確かに、所得証明の提出や確認は面倒な一手間となるでしょう。

一定額までの融資なら所得を証明する必要はなし、この判断を行っている金融業者は合理的で、早く審査結果を知ったり借り入れを受けたい消費者のニーズにもマッチします。

もし、少額でも所得の証明に関する書類の提出が求められる場合、その金融業者は審査の基準が厳しかったり、審査に時間が掛る可能性があると考えることができます。

今は少ない手間でスピーディーに融資が判断される時代ですから、申し込みや手続きが面倒な金融業者は必要書類を改めざるを得なかったり、結果的に淘汰されてしまうと思われます。

逆に、提出書類が少な過ぎて簡単に融資が認められる業者は、必要な審査が正しく行われているのかと不安にさせるものです。

こういった業者は消費者金融に多く、特に高金利で誰でも借りられると評判の場合に当てはまりがちです。

銀行では適正な貸し付けが重視されていますから、提出が必要な書類であれば要求されますし、審査は十分な時間を掛けて行われるでしょう。

その為、納得できない金利が提示される心配はなく、安心して借りたり返済できる結果に結び付きます。

大手の消費者金融でも、融資の審査に必要な書類は銀行に限りなく近いもので、基準も大きく乖離していないのが普通です。

過去に借り入れの実績があって、信用機関の登録情報で信用が証明できる時は、それで貸し付け対象と認められる可能性もあります。

一方、カードローンの審査において一般的に提出が必要とされている書類には、個人情報や属性が記入されている申し込み書類が挙げられます。

 

最近はWeb申し込みが主流ですから、正確には紙の書類ではなく、Webサイト上で入力する情報が書類代わりになっているといえるでしょう。

 

申し込み書類と同じく、審査を受ける為に提出が欠かせない物には、本人確認書類と所得証明書が該当します。

 

前者は運転免許証やパスポート、健康保険証に住民基本台帳カードなど、写真付きの物が必須の書類となります。

 

しかし、Webで申し込めるサービスが増えてからは、携帯で撮影した写真をアップロードするだけで完了、といった手続きで済む金融業者も珍しくありません。

 

該当するいずれかの書類が手元にあるなら、公的機関に書類を発行してもらう必要なく、思いの外簡単に審査を受けることができます。

 

融資の希望者が外国人の場合は、在留カードや外国人登録証明書、あるいは特別永住者証明書などの提出が求められます。

 

身元の客観的な証明が不可欠な以上、これらの提出が必要なのは当然ですし、納得できる本人確認書類だと結論付けられるはずです。

 

反対に後者は、条件によって提出が不要なこともある書類で、カードローンを提供している金融業者や、申し込み者の信用の度合いに応じて必要性が変わります。

 

即日審査や最短融資を付加価値としていれば、その金融業者は商品説明の中で、所得を証明する書類の提出は必要なしと謳っている場合が少なからずあります。

 

このような金融業者は、消費者の利便性を前面に押し出そうとしますから、大抵は申し込む前に書類の提出が必要か否か直ぐに分かるでしょう。

ただし、申し込みが無事に済んだとしても、審査の段階で他の書類の信憑性が疑われれば、追加で書類を提出してくださいと要求されることはあり得ます。

 

殆どのケースでは起こりませんが、提出した書類が古かったり、汚れで字が読みにくいなどの状況が発生していれば、必然的に書類の追加提出要請が行われます。

 

所得を証明する必要のありなしに関わらず、保証人や担保の確保は不要になっていて、数万円から数十万単位の借り入れではまず必要ありません。

 

100万円ほどの融資希望になっても、今では個人の信用だけで借りられる時代ですから、数十年前には考えられなかった利便性が実現していると評価できます。

 

所得証明に限ると、大半のキャッシングやカードローンでは提出不要の書類に該当しますし、高額融資でも必要とされない場合があるので、結果として借り入れのハードルが全体的に低くなっています。

知っておきたいキャッシングの要点

お金の借入れをする場合、前もって知っておくべき事として借入れの方法はどのようなものかチェックしておきましょう。

m001-047

振り込みにするのかATMを使うか、また極力早く借りたいのか少しくらい遅くても別にいいのかと言った、

どの手段を用いて借りたお金を受け取るのが自分の場合に良いかについてシミュレーションを固めておきましょう。

 

消費者金融といったノンバンクにおいては、普通は銀行などを利用する場合よりも審査基準がやや低めな傾向にあります。

 

スマホやパソコンを使って利用手続きから借入金の振り込みまで出来る業者は多くあり、お金の返済もコンビニエンスストアから可能便利な面が受けています。

 

急いでお金が必要でキャッシングしようという時では、webから申し込みを済ませるのが手っ取り早いです。

 

金融会社によりますが早い所では約30分程度の短時間で融資の審査を通過し、自分の預金口座に借入金を振り込んでもらえます。街にある無人コーナー等に出向いても、即座に契約完了します。

 

保証不要の融資と言う場合は保証人を立てる必要がないということなのです。

 

「保証人」の役目は何かというと、たとえば融資を受けた借り主がもしも返せない事態で借り主の代わりとして返済する契約をしている人を示します。

 

つまり、無保証での借入れ可能のときは身内に頼み込まなくてもキャッシングできます。借りる際に担保無しで保証も用意すること無く融資をできるシステムはすごく楽な物です。

 

けれども、その代わりに、利子が少々高く設定されている場合が普通ですし、借りられる金額にも限度が決められています。

m001-044

正しいひととおりの知識をしっかり知り、なるたけ有利になる方法でキャッシングを受けることができるようにしましょう。

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.