リボ払い

リボ払いと分割払いの違いはある?手数料と支払回数、繰り上げ返済について

更新日:

クレジットカードなどでリボ払いと分割払い、いずれかを選択するケースがあります。

ただ、どちらの支払方法も具体的にどのような違いがあるのかよくわかっていないのが実情です。

それぞれで手数料や支払回数、繰り上げ返済などにどのような違いがみられるのかを知っておいてください。

より賢く選択していくことができるようになります。

この両者の大きな違いは毎月の支払額を設定するか、それとも支払回数を設定するかの違いです。

リボ払いでは、毎月の支払額を設定し、その中で返済をしていくことになります。

例えば、1万円と設定しておけば、確実に1万円は返済をしていくということです。

分割払いは支払回数を設定するため、10回であれば10回で支払うべきお金を10等分して毎月支払っていくこととなります。

決まった額を払っていくのであれば、支払い能力の中で返済をしていくことができます。

回数を決めて支払うようにすれば、決まった期間で返済を終えることができるようになります。

両者を比較した場合、リボ払いのメリットは毎月決まった額を支払う部分にあります。

クレジットカードを頻繁に利用している人にとって、今月はどれだけ引き落とされるのかというのがわかっていない場合がほとんどです。

引き落とされてみてこれだけ引き落とされていたのかと驚く人もいるほどです。

その点、毎月決まった額を支払えばいいのであれば、その管理はしやすくなります。

また、毎月決まった額を返していくのだから、無理をしないように使っていこうという気にもなります。

金銭管理をするにはおすすめの支払方法であると言えます。

一方、分割払いのメリットは返済期間が分かりやすいというものです。

毎月決まった額だけ返済するというパターンだと、いくらぐらいの買い物をしたかというのを頭に入れてください。

それを毎月決まった額で割ることで返済期間が分かります。

ところが、この場合、手数料が発生しているため、実際に想定した期間よりも長くなることもあります。

クレジットカードで新たな買い物をしていくようになると、収拾がつかなくなります。

その点、返済期間がすでに分かっていれば、それに向けて調整をしていくことができるため、そのあたりはかなりのメリットです。

その手数料ですが、リボ払いの方は固定され、分割払いは残債によって利率が変化するようになっています。

そもそも1回払いや2回払いなど、分割の回数が少ない場合には手数料がつかないケースもあります。

また、通販会社によっては手数料の部分を負担してくれます。

結果として回数を多くしたとしても負担は変わらないことがあります。

そのため、支払回数が少なければ分割で支払った方が得であることが多いです。

長期的に返済をしていくような場合には、毎月決まった額を返していった方がプラスになることが多いということになります。

また、手数料の計算でも両者には大きな違いが見られます。毎月決まった額を払う方は、返済残高全体に掛かるようになります。

m001-083

例えば、別々のお店で値段の異なる商品を購入した場合、リボ払いでは、それぞれを一まとめにし、そこで手数料の計算を行っていきます。

一方、分割払いの方は別々のお店で値段の異なる商品を購入すると、商品ごとの手数料が請求され、それぞれで異なる手数料ということになります。

そうなると、バラバラで計算をした方が手数料はかかりにくくなるため、そうした意味でも回数を決めておいた方が何かと得となります。

リボ払いが優位に立つケースとしては繰り上げ返済があります。

分割払いではこの繰り上げ返済というのができず、一括での返済しかできないケースがほとんどです。

そのため、余裕のある時に一気に返すことができる繰り上げ返済ができるかどうかというのは大きな違いです。

例えば、最小限の返済額にしておいて、ボーナスになったら一気に返すということもできます。

これだと金利手数料もそこまでかからず、それでいて無理をしない範囲で返済をしていくことができるため、そうした意味では非常に便利なやり方です。

どちらの支払方法が上で、どっちが下かということではなく、お金に余裕があるのか利用金額はどうなっているかで決めていくことが大事です。

特に高額な買い物をした場合、決まった回数で返していくのは案外負担になることが多いです。

金利手数料の部分でかなりの不利になる場合があります。

その点、少しずつ返しながら、一気に返す部分を作っておけば、金利負担をかけずに済みます。

一方、1回払いで済ますことができるような買い物において、わざわざ回数を分ける必要はありません。

すぐに返済ができるようなものの方がメリットが大きいのは明らかです。

このように買い物の金額や毎月返済可能な金額などを考慮して決めていくことが大切です。

必要なことは、無理のない返済ができるようにすることであり、それができるのはどのような支払方法なのかというのを見極めることになります。

知っておきたいキャッシングの基礎的な知識

現金融資をする場合、前もって最低限の知識として確認しておくべきは、必要書類になります。

 

普通は欠かせない物は、本人の身元の確認できる何かや、それから、借り入れる額によっては所得証明書が必須になるのです。

 

金融機関で融資を受けたい時には第一に申込書を記入し提出する事になるのです。

 

ですが貸金業者の実際の店舗を訪れることが不要のスピードキャッシングでは、インターネット上ですべてのやりとりを終えられるようなシステムなっています。

 

個人への貸付がある金融機関といえば、たとえば銀行系・信販系・消費者金融系などが挙がります。

 

利用する前に各金融機関でのキャッシングに関しての特徴や利点や短所などを、一般知識や情報として把握しておくと良いです。

 

キャッシングでお金を借りる際の流れとして、初めに利用する企業への申込み手続きです。

 

その後、無事に審査に通過すればお金を借りられ、返済となっているのです。

 

申し込む相手は銀行かノンバンクかでも申込みの流れはいろいろと違うのです。

 

お金が必要でも消費者金融に行くのはちょっと気が進まない、という話も良く聞きますが、わずかの借入れだったら借入れ方法の簡単さや金利を考えるとお得であるケースは多いです。

 

その実際のところは各企業によって違いますから前もって調べましょう。

pasona_23_tp_v

借金をしたいという訳については各人で色々です。

 

もし初めてキャッシングをしようという場合は、それぞれのいきさつにいちばんふさわしいキャッシングの方法を選ばないとなりません。

 

お金を受け取るまでの所要時間や便利さといった項目等、事情により優先したいのはどれかを考えをまとめることで自ずと決まってくるでしょう。

 

-リボ払い

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.