滞納

携帯料金を滞納したらどうなる?Au、ドコモ、ソフトバンク、格安シムの場合

更新日:

支払日当日に口座引き落としや払込票による支払いができなかった場合どうなるのでしょうか?

Auやドコモとソフトバンクのキャリア携帯の場合、おおむね2週間程度で契約時に登録した住所宛に未納を通知する督促状が届きます。

 

いわゆる携帯電話料金が支払われていない状態です。

規定の日までに支払ってほしいと、利用期限の記載された払込票が添付されています。

 

場合によっては、口座引き落としで支払っているならば、再振替が可能になることもあるでしょう。

 

期限期間内に払込票を持って行き、コンビニのレジや金融機関の窓口、キャリア携帯の直営店舗から支払えます。

 

窓口に行く時間がないのであれば、インターネットバンキングができる預金口座からペイジー料金収納で支払ってもいいでしょう。

 

督促状が到着して、期限日までに支払えれば問題がなく、携帯料金滞納の扱いにはなりません。

 

再度の督促があった場合、支払期限を守らなければ利用が停止されると書かれている場合があり、利用停止予告日が記載されていることがあります。

 

支払い期限日の1ヶ月後くらいの日付が記されていることが多いです。

 

もし、支払期限を過ぎてしまっていても、利用停止予告日までに支払いが済めば、単に通話料金だけであれば信用情報には遅延や未納などの記載はされないので、それほど大きな問題にはなりにくいです。

 

支払期日が過ぎれば、音声通話やメールのやり取り、インターネットの閲覧等の機能は使えなくなります。

 

自宅の固定回線でWi-Fi接続ができるルータがあるのなら、期限切れでもWi-Fiを使ったインターネットの閲覧やSNS等のサービス、フリーメールやアプリの利用はできます。

 

しかし、外部から着信した時に、利用客側の都合で繋げないというようなメッセージが流れるので、携帯料金滞納をしていると知られてしまう可能性があるでしょう。

 

ただし、利用停止処分を受けた後に所定の利用料金と延滞利息、手数料を支払えば再び使えるようになるでしょう。

 

それでも支払えずに携帯料金滞納が2、3ヶ月連続すると強制解約扱いになります。滞納している料金と延滞利息を全額支払わない限り、キャリア携帯各社と情報を共有するため、全ての携帯電話と契約できなくなります。

 

共有情報が記載されるのは、最長で5年間となりますので、一刻も早く支払いを済ませて情報を消去させる必要があるでしょう。

 

全額支払った時点で情報が消去され、他の携帯電話を含めた各社で契約ができることがあります。

 

支払えない場合は、相手方の携帯電話会社や債権回収会社に連絡をして、分割払で対応できるか相談する必要があります。

 

そのまま未払いを続けて、あまりに悪質な場合は、最悪の場合告訴され、給与などの差し押さえを受けることもありますので、早めに解決できるように相手方と交渉するようにしましょう。

 

携帯料金滞納では、機種を分割で購入し、通信料金と一緒に支払いをしている場合や、携帯各社や格安シムでクレジットカードを使って決済している場合が、深刻な状況を引き起こす可能性があります。

 

携帯の機種分割購入は、高額な機種を一括で支払うのが難しいことから、分割で支払う方法を選択する方が多いでしょう。

 

分割購入の場合は、信用情報機関に契約や利用状況が記載されます。支払いが滞り、単に1~2回程度の返済遅れであれば対して傷が大きくなりませんが、3ヶ月以上の滞納をすると延滞と記載されます。

 

延滞の記録は、解決してから5年間は信用情報に記載されるので、その間はクレジットカードの新規作成や更新審査に通るのが難しいことが予想されますし、住宅ローンや自動車ローン等の審査にも通るのが難しくなるため、今後の生活にも影響してしまうでしょう。

 

また、機種を変更する際にも、分割購入の審査に通らずに一括購入扱いになることもありますので、希望の機種を入手できないこともあります。携帯料金滞納よりも重い扱いになるので、十分な注意が必要です。

 

格安シムの場合は、クレジットカード払いが主流です。

 

格安シム回線とセットで購入する場合は、代金を一括で支払うか、2年で分割で支払うかのどちらかになることが多いでしょう。

 

ごくまれに口座引き落としやデビットカード払いが選択できる場合がありますが、機種の分割払いはできないことがほとんどです。

 

格安シムでもキャリア回線でも、クレジットカードで支払う場合には所定の日に決済出来ないこと自体が問題となります。

 

度重なる返済遅れや延滞があった場合、クレジットカード自体を停止され、強制解約を受けることがあり、その後の審査に影響を与えることも考えられます。決済ができなければ、早めにカード会社に連絡をして、対処の仕方を尋ねるようにしてください。

 

再引き落としや振込などの方法で対応できることがあります。

デビットカード払いについては、引き落とし日の前日までに口座に十分なお金を入れるように注意しましょう。

 

残高不足の場合は決済不能となり、信用情報に登録されることもありますし、利用停止処分を受けることもあります。

 

強制解約を受けると、二度と当該の銀行ではデビットカードが作成できません。

初めてのキャッシングをする上での基礎的な点

融資を受けるのであれば一般事項として手順は実際どんな感じか確認しておくべきです。

 

借入金の受け取りは自分の口座への振込がいいのか引き出すのか、すぐに必要なのか多少は時間に余裕があるかなど、どういう風なやり方で受け取るのか決めておくのがおすすめです。

 

銀行・信販会社においてはじめて融資を受けるケースは、通常、借入れの審査に必要な時間が長いため即座の融資とはならないでしょう。

 

ですが、ATMやCDからのキャッシング・カードローンのときは、コンビニやショッピングセンターなどによくある提携ATMやCDから使用可能になっていますから大変便利です。

m001-058

銀行・クレジット会社・消費者金融等にキャッシング・カードローンの利用申し込みでは、本人の証明のためのものとして運転免許等が必須です。

 

免許がないという場合においては、健康保険証、パスポート等のといった居住地の住所とフルネーム、生年月日を確認が可能なものを用意します。

 

大半のケースではキャッシングと言うのは担保も保証人も無しでお金の借入れが可能です。

 

そのため、早くお金が要るときも迅速に対応可能という利点があります。

 

わずらわしい手数・時間等を必要とせずいる額のお金を借りることができるという便利な物なのです。

 

借入れの申し込みからお金の受け取り・返済を済ますまでの、キャッシングについての大体の手順について知ることで基礎知識も理解しやすくなり、実際の利用にあたっても安心です。

 

今どきはパソコンやスマホなどから調査すれば、たくさんの知識を容易く収集することが可能です。

m001-079

 

ドコモ携帯料金滞納、引き落とし残高不足でブラックリストにならないよう注意 強制解約はいつから?

 

ドコモ携帯料金滞納からブラックリストになるまではおよそ3か月です。

 

一般的なローンで考えると、最短で3か月で強制解約がされます。その流れをまずは解説しましょう。

 

携帯電話やローンの契約では、「決められた日に料金を支払います」と約束をしています。

 

その約束を守らなければ契約違反であり、相手から一方的に契約を解除されて、さらに損害賠償を請求されてしまいます。

 

とはいっても、たった1回支払いを忘れただけで強制解約されることはめったにありません。

 

うっかり支払い日に支払うことを忘れていた、引き落とし用の口座に残高を用意しておくのを忘れていたということはだれにでもあるからです。

 

そのような場合にはまずは会社から催促の電話がされます。

 

届いた振込用紙ですぐに支払ったり翌月に2か月分の支払いをすれば延滞の記録は残るものの大事にならずに解決します。

 

1回でも延滞をするとやはりわずかでも信用は落ちるので、1回も延滞をしないように気を付けるに越したことはありません。

 

特に住宅ローンの審査がひかえているというようなタイミングの時には注意しましょう。

たった1回の延滞で強制解約されることは基本的にないものの、それが何回も続くと重大な契約違反となって強制解約されてしまいます。

 

その基準は明確ではないものの、だいたい3か月程度と言われています。

 

3か月という期間にも注意が必要で、一般的には3か月といえば90日と考えられていますが、この場合は61日で強制解約されてしまう可能性があります。

 

最終的な判断は契約の相手方がするので、3か月以上経過しても待ってもらえることもあります。

ドコモ携帯料金滞納のケースではどうかというと、ドコモは比較的厳しい会社なので3か月の延滞で強制解約される可能性が高いです。

 

携帯料金の支払いは借金の支払いとは異なるので、信用情報ブラックリストにのることは基本的にはありません。

 

しかし、携帯会社の間では「携帯料金を延滞中である」という情報が共有されてしまうので、その支払いが完了するまでは他社でも新規で携帯を契約できなくなります。

また、携帯本体の分割払いがまだ終わっていない場合には、携帯料金の請求と一緒にローンの請求も来ているはずです。

 

それも一緒に延滞をしてしまっている場合には信用情報ブラックリストにものってしまいます。

 

とても大きなデメリットを受けることになるので、キャッシングでお金を借りてでも支払うべきです。

-滞納

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.