ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行審査の流れ 在籍確認は仕事場に電話来る? トクする借入の賢明な利用ワザと応用術

更新日:

ジャパンネット銀行のカードローンは、他行と比較しても最大限度額が高いです。

最大限度額 1000万円

金利 2.5%~18%

最初の契約で限度額が低いと金利も高くなってしまう傾向があります。

ジャパンネット銀行はネット上の銀行です。

手続きはすべてインターネットを通して行います。

ジャパンネット銀行でお金を借りる審査の流れ

ジャパンネット銀行でお金を借りる流れを解説します。

記入する内容は住所氏名生年月日など個人的な情報の他、勤め先や居住形態などを入力します。

申し込み後に仮審査が行われます。

通過した場合は契約意思の確認、在籍確認などの手続きを経て、本契約となります。

仮審査で落ちてしまった場合には在籍確認等その後の手続きは行われません。

ネットキャッシングの場合、希望する限度額が300万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

確定申告書、源泉徴収票、給料明細などを用意しておきましょう。

 

また、ジャパンネット銀行にはネットキャッシング、いわゆるカードローン以外にもいくつかの借り入れ方法があります。

目的別ローンやフリーローンです。

 

こちらの金融商品はカードローンと違って、一度借りた後は追加の借り入れをすることができません。

 

借り入れ後は返済を計画的に行っていく商品です。

もし利用する目的が決まっているのであれば目的別ローンやフリーローンを選ぶのも良いでしょう。

 

カードローンと違って目的がある場合は金利が低くなります。

 

目的の内容によっても金利に違いがあります。

追加融資を受ける場合には再度審査が必要になってしまうため、いざというときにお金を借りる場合にはあまり役に立ちません。

有利な条件でまとまった金額を借りるのには適しています。

いずれのローンの申し込みでも、本人確認書類が必要になります。

 

運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、障害者手帳、健康保険証、印鑑証明、住民票などです。補助書類として公共料金の明細が必要になることもあります。

 

この書類は住所を証明するために役に立ちます。

本人確認書類の中でも運転免許証のように高い効果のあるものとそうでないものがあり、各種福祉手帳の場合は補助書類が必要となります。

ジャパンネット銀行の在籍確認について

さて、多くの人が気にする「在籍確認」の有無ですが、残念ながらジャパンネット銀行も在籍確認は行っています。

 

在籍確認は本当にその会社に勤めているのか確認するために行います。

本人が電話に出なくても「ただいま外出中です」のように、会社に所属していることさえわかれば問題ありません。

 

雇用形態がアルバイトやパートの場合は金融機関側の判断で確認作業を抜かすことがあります。

アルバイトやパートは比較的自由に職を変えることができますので、すぐに変えてしまうような職場に確認作業を入れる必要性がそれほど高くないためです。

 

派遣の場合、雇用している会社は派遣会社であり、実際に仕事をしている会社は別のところにあるというケースも多々あります。

 

勤め先に記入しなくてはならないのは出向先ではなく、派遣会社です。

 

間違えて記入しないようにしましょう。

 

派遣会社にはたくさんの人が登録をしています。

カードローンやクレジットカードの契約をする場合は、派遣会社側に確認がいく可能性があることをあらかじめ伝えておいたほうが良いでしょう。

 

在籍確認が行われる前に契約内容の確認の電話をする機会があります。

何か疑問や不安があった場合、その電話のタイミングで質問をしておくとよいです。

ジャパンネット銀行のカードローンは他行と比較しても大きな限度額にすることができます。以前は借り換え用のローンの提供も行っていたのですが、現在では提供が終了しています。

 

もし他の金融機関の借り入れをまとめたい場合は、通常のカードローンに申し込みを行い、徐々に限度額を増やして他の借り入れをまとめると良いでしょう。

 

カードローンでは最初の契約のままずっと使わないといけないというわけではありません。利用実績に応じて限度額アップや金利の引き下げを行うことができます。

 

ジャパンネット銀行は銀行法の規制下にあるため、貸金業法にある総量規制の影響は受けません。

 

年収の3分の1以上の借り入れを行うことができます。

しかし過度な貸し付けはリスクが高まってしまいますので、規制がないと言っても目安としては年収の2分の1程度までが上限だと思っておいて良いでしょう。

 

個人個人の利用実績によって多少は変わってきます。利用実績をきれいにするためには、毎月しっかりと支払いを行う必要があります。他社に借り入れがある場合でも延滞をしていてはいけません。

 

金融機関は個人が契約しているローンや残債、利用実績を、信用情報を通してすべて確認することができるのです。

 

もうすぐ解約する予定のローンだから多少遅れてもいいや、という軽い気持ちで延滞をしてしまうと、

 

他のカードローンやクレジットカードの審査で不利に働くことがあります。

特に長期間の延滞をしていると、関係ない他の金融機関の審査でも高い確率で落とされることになります。

給与日直前になぜか金欠状態!困ったピンチこそキャッシング機関が助けになります。

a1640_000040

生きる術としてどうしてもお金が必要ですが、キャッシングに頼ることを人に知られたくないと感じている人たちが増えているようです。

 

どのような問題解決手段があるでしょうか。

 

借入れ金利に関係したキャンペーンが多くある事も、貸金業者のポイントの一つです。

 

一定融資審査を満たせば期限付きで利息免除となるうれしいキャンペーンなど、お得な独自サービスを用意してキャッシング各社が対抗しています。

 

見逃さないように使っていきたいものです。ほとんどのローン企業では、決まった月に顧客向けの特別なキャンペーンを企画している事があります。

 

一つの例として、使った人のうち厳正なる抽せんにより豪勢な賞品が届くなど、他にもとても目を引く様な特典満載のキャンペーン企画が繰り広げられているのです。

 

月毎のキャッシング利用により点数を付与するというサービスをしているキャッシング機関が増えています。

 

受け取った得点は別の商品で使えるポイントに交換が可能であるなど、独自のサービス勝負は色んな方面で拡大されているようです。

 

日々の生活においては想定出来ない事態が発生してしまった際、誰であっても混乱してしまうのが普通の感覚です。

 

このような金銭問題を早く片付ける為には、やはりスムーズな取引が出来るキャッシングは便利な術と言えるでしょう。

a1640_000035

少しでもお得で上手に選べるかが早期解決のカギになってきます。

-ジャパンネット銀行

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.