お金借りる審査

家を担保にお金を借りることはできる?担保評価は?高齢者でも借りれる?

更新日:

家を担保にキャッシングできる?お金借りたい

まとまったお金が必要になったときにお金の借り入れを行おうとしても、無担保ローンでは金額が高額になると審査が厳しくなるため利用が難しくなります。

このようなときに確実にお金を借りる方法として、家担保にすることで利用できる不動産担保ローンがあります。

これは所有する資産の中でも価値の高い家を担保にして、返済できなくなった場合は銀行に所有権が移ります。

これを売却することで資金の回収を行う仕組みになっています。

家は簡単に手放せるものではないため計画的な利用になることが高く、また、売却もできます。

貸し倒れが起きても損失が出る心配がないため、無担保のローンと比べて低金利で高額の借り入れが行えます。

キャッシングの返済期間も長期にできるため、月々の負担を抑えられます。

一般的に不動産担保ローンはお金の用途が自由になっているため、複数の借り入れをまとめる場合などにも利用できます。

家を担保にしても家を出なければならないということはなく、返済を行っていればそのまま住み続けられます。

しかし、返済できなくなれば明け渡すことになります。

高額の借り入れができると言っても、無条件に希望する金額を借りられるものではありません。

返済できないときは家の売却で資金を回収するため、担保にした家の価値によって借りられる金額は変動します。

また、不動産相場も変更があるため時価がそのまま上限になることはなく、評価額の60~70%程度までになります。

 

古い家の場合は評価額が低くなってしまうため、高額の借り入れが難しくなることもります。

なお、上限が評価額より低くなっていても、借り入れ後に相場が下落して借り入れ残高よりも下回ってしまうことがあります。

この場合は不足分が帳消しになることはなく、追加で返済しなければなりません。

不動産担保ローンの審査について

不動産担保ローンも利用には審査が必要です。

カードローンのようにすぐに結果が出ることがなく、時間がかかります。

金額が高額であり、担保にした家の価値を評価も必要になるため、1週間程度はかかると考えた方が良いでしょう。

また、当然ながら安定した収入があること、現在の借り入れ件数や借り入れ総額、過去に金融事故を起こしていたかなども審査の対象になります。

しかし、審査で最も重要視されるのは担保の価値であるため、他の要素は無担保ローンと比べると基準が緩くなっています。

例えば何度カードローンの審査を受けても落ちてしまう場合でも不動産担保ローンには通ることもあります。

しかし、61日以上の返済の遅延や債務整理の記録が個人信用情報機関に残っている、ブラックリストの状態では審査に通りません。

5~10年で記録は消えるので、それ以降であれば審査に通るようになります。

担保にする家については所有する家が対象になります。

銀行に抵当権が設定されている住宅ローン返済中の家でも担保にできるものもあります。

ただし、この場合には制限があり、住宅ローンの返済中であれば家を売却してもその売却額から住宅ローンの残高が差し引かれるため、残った金額が評価額になります。

そのため、住宅ローンを組んで間もないときは利用できません。

不動産担保ローンは低金利で高額の借り入れができるメリットがあります。

返済できなくなると家を失うデメリットもあるため、計画的な利用を心掛ける必要があります。

お金を返済できないときには債務整理を検討

返済できなくなったときに注意しなければならない点として債務整理があります。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、自己破産の場合は財産を処分しなければなりません。

それ以外の方法では財産である家を残せますが、これは無担保での借り入れに限られます。

不動産担保ローンでは銀行に抵当権があるため、債務整理すれば家の所有権は銀行に移って売却されます。

そのため、債務整理で家を手元に残したまま借り入れを減額することはできません。

不動産担保ローンを利用するときには金利にも注意しましょう。

不動産担保ローンの中でも金利に差があるので低いものを利用すると負担が減りますが、目的ローンの中にはこれよりも低い金利で借りられるものがあります。

審査に通りやすいからと、なんでもこのローンで借りようとしてしまうと金利で損してしまうこともあります。

お金の用途に合っている目的ローンがあり、そちらの方が金利が低い場合には、まずそのローンの審査に通るか試してみた方が良いでしょう。

a1640_000054
手数料もどの程度かかるのか確認しなければなりません。

事務手数料や不動産鑑定費用、印紙代抵当権の登記費用などが必要になり、高額の借り入れではこれが数十万円になることもあります。

これも含めて返済総額を比較すると、無担保ローンとほとんど変わりがないようなこともあります。

このような場合は家を失うリスクのない無担保ローンの方が安全です。

しかし、審査に通らず、必要な金額を借りられなければ意味がないので、計画的な返済ができるなら不動産担保ローンの利用を検討すると良いでしょう。

 

融資を受けようとする場合は、

未経験者でしたらどういう様な所について注意すればいいのでしょう。

 

以前に利用した人ならではの視点からの忠告や留意する点を弁えることで、失敗が生まれない借り入れができます。

 

信用販売会社が扱うローンならば、カードなどで借入が可能なのです。

 

借金につく利息などは普通銀行と比較すると高利ですが消費者金融などに比べてみると低利子に決めます。

 

利用に応じたサービスなどオリジナルプランが在ります。

 

カードローンおよびキャッシングを活用するにはいづれの組織でも一定の制限が決まっているからあるから、大半の会社でははたち~とかのルールをつくっており、

これらは弁済能力などの問題によって決定している事で業者ごとによってつきがありうるのです。ます。

 

周囲にでも秘密にしたい事だけれど申込書に書かれている文章だけなら難しいので融資内容がわからない、そういう方に向けて相談センターなどを設置する会社もあります。

 

未経験者に特徴的な不安などについて親切に回答してもらったりする事により、不安も払拭出来る事でしょう。月賦の金額も心配に思っているキャッシング初めての人も多いです。

 

キャッシングの額金額によりどれほど変化するかとか、月々決まった額の償還ならどれほどの期間かかるのだろうかなど、そういうような重大な事柄などは必ず見極めておきます。

 

火急的に現金がいる事となってしまったシチュエーションでは自身はキャッシングできるのかどうかということを理解しているだけで、万が一急にお金がいる際であってもじたばたしないでいられます。

a1640_000053

利用の決まりであいまいな箇所が存在するケースは、金融機関に確認するのが賢明ででしょう。

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.