ブラックキャッシング

ブラックでも借りれるカードローンある?キャッシングの際起こった揉め事衝撃体験

更新日:

一般的に言って、いきなりブラックキャッシングと聞かされても、正確な意味を知っている人は少ないと思われます。

もしかしたら、クレジットカードにおけるブラックカードと似たようなものかと勘違いしてしまう人もいることでしょう。しかし、ブラックカードとは何の関係もありません。

それは要するに、ブラックリストに名前が載っている人でも利用が可能なキャッシング・サービス、あるいはカードローン商品のことなのです。

しかし厳密に言うと、ブラックリストと呼ばれるリストのようなものは実在しません。金融事故を起こしたりして債務整理手続きを実行した人は個人信用情報機関に事故情報が記録されますが、その状態のことを、一種のものの喩えとして「ブラックリストに名前が載っている」と表現しているのです。

つまりブラックキャッシングとは、「金融事故を起こしてしまって金融業界全体から目を付けられてしまっているような注意人物でも利用できるキャッシングのこと」だと理解するのが正解と言えるでしょう。

確かにインターネットで「ブラックの人でも利用可能なキャッシング」というキーワードで検索してみると、様々な情報がヒットします。ですから、そのようなキャッシングは実在する可能性はあると言えるでしょう。

しかしその一方では、ネット上には「そんなキャッシングは存在しない」という意見も確かに散見されます。

ですからキャッシングに詳しくない人にとっては、果たして存在するのかしないのかよく分からなくなってしまうに違いありません。

 

結論を言うなら、条件や解釈などの違いによってはブラックキャッシングは実在すると言えます。しかし健全な金融業界の一般常識的な観点から考えるなら、実在しないと言えるでしょう。少し歯切れの悪い曖昧な説明で申し訳ありませんが、それがブラックキャッシングの現実の姿なのです。

そもそもブラックリストに名前が載っているという状態それ自体が、解釈によって異なる意味を持つようになるのです。たとえば、ある特定の金融機関とトラブルを起こして大きな迷惑をかけてしまった人は、その金融機関のブラックリストに名前が載っている状態だと考えることができます。

ですから、その金融機関にローン申請しても審査には通らないことでしょう。しかし別の金融機関に申し込むのなら、審査に通る可能性はあるのです。
それに対して自己破産などをしてしまった人は、その金融事故の情報が信用情報機関に記録されている限り、自分が直接迷惑をかけた金融機関だけではなくて全ての金融機関のローンの審査には通らなくなってしまうのです。

ですから前者も後者もどちらもブラック状態の人だと解釈するのなら、ブラックの人でも利用できるキャッシングは存在すると断言できるのです。しかし、もしも前者の人はブラック状態ではなくて後者の人だけがブラック状態だと解釈するのなら、その際にはブラック状態でも利用できるキャッシングなど存在しないということになるでしょう。

ただし注意しなければならないのは、違法な闇金融業者の存在です。彼らは正規の貸金業者ではなくて、正規の業者の皮を被っただけの犯罪集団です。ですから闇金なら、ブラックの人に対しても平気でお金を貸すことはあるでしょう。

実際、世の中には、そのような違法で危険なお金に手を出してしまう人は大勢いるのです。それゆえに闇金キャッシングもキャッシングの一部だと解釈する立場に立つのなら、ブラックの人でも利用できるキャッシングは存在することになるのです。しかし闇金はキャッシングとは認めない立場に立てば、それは存在しないのです。

しかし、ここでもう一つ厄介な問題が浮上してきます。貸金業界とは大手から中小零細に至るまで、実に様々なキャッシング業者が営業しています。

それらの中でも無名の小さな業者になると、一概には闇金とは言い切れないグレーゾーン上の業者も存在するのです。

ですからグレーな業者のキャッシングは健全だと認めるか認めないかの判断は、非常に難しいという現実があるのです。それによってもブラックキャッシングは存在するのか存在しないのか、見解は大きく異なってしまうのです。

ちなみにキャッシングの利用は安全第一ですので、その安全上の観点から判断するのなら、グレーゾーンの業者からの借り入れには不安が残ります。

ですから、そのようなクレーなキャッシングは利用しないほうが賢明と言えます。キャッシングとは、あくまでも安心して利用できる正規の健全な業者だけを利用するのが基本です。

ですから利用するに際して不安を感じるようなら、本当は利用しないべきなのです。

しかしお金に困ってしまって切羽詰まったような人は、少し怪しい業者だと感じても借りてしまうことが多いのです。

それは決してお勧めできるキャッシングの利用法ではありません。しかしグレーゾーンなキャッシングである以上は、絶対に利用しては駄目だと強制的に禁止することもできないでしょう。結局、借り入れは自己責任だと考えられます。

 

闇金と言った言葉は漫画の世界やテレビドラマなどで度々聞く用語ですが、

現実でも多様な不安要素となっているのです。

無意識に闇金融に足を突っ込んでしまった事によってもつれが生じてしまっなった、などと言う様なことが無いよう、キャッシング企業を選ぶ時には注意するという事が必須です。

 

国民生活センターと言うの国家の維持管理する独立行政組合であり、多く重なった借入れ金など先貸しの縺れの悩み事に乗ってくれる施設なのです。

 

都道府県それぞれに在るセンターの窓口ではその分野専門の話を聞いてくれる人がなんとお金をとらず相談ごとを聞いてくれるそうです。

 

私達が万一闇金融に首を突っ込んでしまったとしても、向こう側は不法業者ですので払戻しする必要は欠片もいりません。

 

しかしながら、定住所や勤務先などといった利用の際のプライバシー情報といったようなものを向こうに知られてしまうため、トラブルが発してしまう可能性が有ります。

 

支払いが何を行っても遅れてしまいそうな場合、自分から現金前貸し会社に伝言を入れるという事が肝心です。

 

今の自分の状態をしっかり説明して相談を聞いて貰う事で、払渡し仕法を変える事が利く時もありますので、兎にも角にも自らコンタクトを取ってみ取ってみてみましょう。

 

先貸しでのもつれの解決に関しましては、基本的に考えてみますと専門家などのお助けが必要になります。

携帯電話などを使い気軽に情報を見る事が出来るので、困った事が発生した時は、自分一人だけで考え込む事はせずにできればすぐにスペシャリストに相談相手になって貰いましょう。

-ブラックキャッシング
-

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.