ファクタリング

ファクタリングで今すぐ事業資金を調達 資金繰りを改善へ キャッシングおよびカードローンにある違い

更新日:

ファクタリングとは?おすすめの資金調達方法

ファクタリングという事業資金調達方法をご存じでしょうか?

まだ日本ではあまり一般的では無いので知らない方も多いと思います。

海外では普通の資金調達方法として活用されている方法です。

日本でも建設業界では日常的な事業資金調達方法として定着しています。

この方法は色々な意味で有利な事業資金調達方法です。

ファクタリングは「売掛金の早期現金化」です。

売掛金を約束手形で受けとっている場合には銀行に頼めば手数料は取られます。

約束手形を即時に現金化してくれます。

その場合「翌々月25日」という形に規定化されている事の方が多いと思います。

ファクタリングはこういった「規定化されている売掛金」を約束手形と同じように早期に現金化するという方法です。

ファクタリングで現金化する手順 審査の方法

手順としては、まず専門会社に申し込みをして買い取って欲しい売掛金を提示し審査を受けます。

ファクタリングの審査というと銀行の融資審査を思い浮かべるかもしれません。

専門会社の審査は銀行ほど厳しくありません。

→ 七福神ファクタリング審査

ファクタリングの審査は会社により様々です。

とはいっても銀行の融資審査ではまず通らない、

・赤字決算の会社

・担保物件が無い場合

・小規模なベンチャー企業

・税金滞納が有るような場合

上記のようなケースでもファクタリングなら大抵は通過します。

銀行審査では絶対に審査は無理という状態でも柔軟に対応してくれるのが嬉しいですね。

ほとんんどの専門会社が

「銀行の融資審査が通らなかった場合でも問題無い」

と明示しています。

ファクタリングの審査基準がそれほど厳しくない事が分かると思います。

重要な事は「ファクタリングは借入金では無い」という事です。

つまり、負債が発生する訳でもなく、利息を取られる訳でも無いです。

ファクタリングはリスクヘッジとしても使える方法

決算書類上でも単に売掛金の金額が現金に移動するだけといえます。

事業資金の調達は、一番に借金が思い浮かびます。

しかし、借金は返さなければなりません。

ファクタリングは将来の収入を先取りするだけの事で返済の必要はありません。

どれだけ事業経営において気分的に楽で有利であるかはご理解頂けると思います。

また売掛金は万が一、売掛先が倒産してしまうと回収できなくなります。

約束手形にも不渡りとなるケースがありますよね。

規定化された売掛金も常に回収不能になってしまうリスクを抱えています。

しかし、ファクタリングでは倒産リスクや回収不能リスクは売掛金を買い取った専門会社の方がかぶります。

ファクタリングはその点についても心配が要りません。

そういったリスクヘッジの手段としても使える方法なのです。

ファクタリング 2つのやり方

ファクタリングには2種類のやり方があるのでご紹介します。

a0003_001851

2社間ファクタリング

1つは2社間ファクタリングと言う方法です。

2社間ファクタリングとは、

売掛金を持つ会社と専門会社の間だけで売掛金の買取契約を結び売買を行う

という方法です。

この方法の利点は売掛先の会社に知られずに済みます。

まだ日本では馴染みの薄い方法ですので売掛先会社に知られると

「変な金融屋と取引をしている」

と勘違いされ信用度を下げられてしまったり取引を打ち切られてしまう事も考えられます。

建設業界などでは常識的な方法です。

問題は有りませんが他の業界ではまだそういった勘違いをされてしまう可能性が有ります。

そういった危険が感じられる場合にはこちらの方法を取られる事をお薦め致します。

3社間ファクタリング 違法と勘違いされないために

もう1つは3社間ファクタリングという方法です。

これは売掛先の会社にも契約に参加してもらう方法です。

3社間の場合は売掛先は規定の期日が来たら専門会社の方に直接に売掛金の支払いを行います。

こちらの方が専門会社としては楽で信頼度も高いので手数料は安くなります。

ですので売掛先も了承してくれそうな状況であれば、

こちらの方法の方が割りよく換金出来ます。

専門会社は2社間、3社間の両方を扱っている所も有りますが、どちらかに特化している所もあります。

3社間に特化している専門会社の中には売掛先に「決して怪しい取引では無い」事を資料を持った社員が説明のために同行してくれるサービスを行っている所もあります。

 

但し、この方法にも若干の短所があります。

ファクタリング専門会社に申し込みをして審査を受ける場合、専門会社の有る所まで時間と交通費を掛けて出かけなければならない場合があります。

特に専門会会社の中でも老舗と呼ばれる信頼性の高い所ほど、直接面談を重視しますので、最初の審査に手間がかかります。

 

ですが、こういった所ほど審査を通れば安価な手数料で実行してくれる所が多いです。

手間と時間をかけるだけの価値があるのも事実です。

ファクタリング専門会社の方でも、この点を踏まえ全国規模で支店展開をしたり電話とFAXだけでも審査をしてくれる所も増えて来ています。

売掛金の売却に必要な登記の情報

また売掛金の売却は形式上「債権譲渡」になりますので登記が必要になります。

慎重な所ほど、この登記を必ず行います。

その手間と登記費用も発生します。

しかし最近では「登記不要」とする所も出てきています。

しかし「手間が省けるほど手数料は高くなる」という傾向がある事は否めません。

このように専門会社も様々ですので、どこを選ぶかは慎重に検討されて下さい。

 

ファクタリングは個人でも可能?投資とはどう違うか

キャッシング及びカードローンと比較してファクタリングは審査がゆるいです。

長期に掛けて分割で償還することも可能で、もちろん個人として給料のファクタリングもできます。

投資とは違いますので注意してください。

全体として捉えた場合の支払うお金のことについても覚えておきましょう。

キャッシングカードとファクタリングで違っている所は、商品の購入決済に使えるのか否かと言った部分です。

クレジットカードは与信管理を踏まえて買い物を楽しむ事が出来るというカードです。

金銭を持ち合せない時でも欲しいと感じたアイテムを手に入れるといったと言う事ができます。

弁済の方法が普通は一括で支払うキャッシングに対し、

カードローンは借り入れ限度枠の中のお金なら幾度借り入れたとしても固定されている金額の支払いすれば構わないと言う相違点が挙げられます。

ただし、長い期間かけても返済が終了しないと言う不測の事態に絶対に陥らない様にしていく事が大事です。

お買い物に行ってその支払いクレジットカードを使い済ませた時に、その翌月に完済であれば利息はありません。

キャッシングでお金を貸し付けて貰うのは簡単なことです。

ただし利子が上積みされてしまいます。

これらの違いがどんどん積もっていくと巨大な相違点となる事もあり得ます。

 

つい最近ではカードローン・キャッシングの差もあまりないので、各々の特性というものは頭の中で浮かべづらいことかも知れません。

注意して見比べてみてください。

-ファクタリング

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.