無職お金借りる

無職でも借りられる消費者金融ある?貸付けの際起こった揉め事の衝撃体験談

更新日:

「無職キャッシングが可能な消費者金融はあるのか」ということであれば、状況を考慮しなければ「ある」というのが答えです。

しかし、無職の人がキャッシングを利用する為には様々なハードルを越える必要があるだけでなく、状況によってはほぼ100%利用することが出来ない可能性もあります。

そもそも、キャッシングを利用する為には「自分自身で安定した収入を得ている」と言うことが必要です。

契約が出来るかどうかという以前の問題で、審査を受ける資格があるかどうかを判断する段階で職業が問われます。

そこで「無職」と答えた場合には、まず間違いなく「残念ながらお客様ではご利用の条件を満たしておりません」と言った体のことを言われてしまうでしょう。特に「ニート」と呼ばれるような状態であった場合、キャッシング契約が出来る可能性はゼロだと思っていた方が良いでしょう。

 

しかし、同じ無職の状況であったとしても、「専業主婦」や「年金受給者」などであれば可能性があります。

ニート状態であれば全く収入を得る当てはありませんが、専業主婦であれば配偶者が収入を得ていますし、年金は定期的に支給されるものです。後ろ二つに関しては、本人が働いている訳では無いにしても「安定した収入が得られる状況である」と判断される可能性があるので、キャッシング契約が出来る見込みが生まれる訳です。

 

ただ、専業主婦の場合は「配偶者の収入」を借りてキャッシング契約をすることになります。

詰まるところは「他人の力を借りてお金を借りる」という状況になってしまう訳ですので、キャッシングを利用する場合には「絶対に失敗しないような返済計画」を作成することが大切です。

しっかりとした計画があれば安全かと言われればそうではないものの、少なくとも何の準備も無しに利用を開始する状況に比べれば安全性は格段に高くなります。

 

冒頭でも書いている通り、キャッシングを利用する為には「安定収入」が必須条件です。専業主婦は配偶者の収入を利用して契約が出来るのは間違いないのですが、その為には「年収に対して借入れ制限のある総量規制の対象となっていないキャッシング」を利用することが必要です。

配偶者の年収を自分のものと仮定して審査を受けることは出来ますが、契約するのは申込者本人(専業主婦)となるので、総量規制対象のキャッシングでは借り入れ可能な金額が0円になってしまいます。

つまりは契約することが出来ないということになるので、年収による借り入れ制限のない「総量規制対象外のキャッシング」を利用する必要があります。

 

総量規制の対象となるのは「貸金業法」によって管理されているキャッシング・カードローンなので、

消費者金融系のものはすべて規制の対象となってしまいます。要は「消費者金融ではなく銀行系のキャッシング・カードローンを利用する」という必要があるので、申し込みの段階ではしっかりと確認することが大切です。

 

銀行キャッシング・カードローンであれば、本人の年収が0円だとしても法的な制約はないので配偶者の年収を借りて契約することが出来ます。

ただ、設定される利用上限金額は通常よりも低めになることが多いので、50万円を超える借り入れを希望する場合には「配偶者に同意を得て直接申し込んでもらう」という方法が賢明です。

配偶者貸付を総量規制対象外のキャッシングで利用する場合、配偶者の同意は必要ありません。

つまり「内緒で借入れすることが可能である」と言うことになるのですが、万が一返済が出来なくなってしまった場合には配偶者に何らかの影響が及ぶ可能性があります。内緒で利用したい状況は多いでしょうが、必ず一定程度の保険を準備しておくようにしましょう。

ここまでのまとめとして、「無職でキャッシングを利用すのであれば、総量規制対象外のものを利用する」と言うことが必要であることは理解できたでしょう。

しかし、実は総量規制対象外のキャッシングであっても無職で利用出来る状況はあり得ます。

おまとめローンの様に、「利用者が一方的に有利になる状況」に限っては総量規制対象のカードローンであっても例外的に規制対象外と同じ状況で利用することが出来ます。

当然ながらおまとめローンを利用する目的は、「多重債務を一本化して返済の負担を減らす」というものである以上、上限に制限がある状態では十分な借り入れが出来ない可能性が高くなってしまいます。

 

そこで、おまとめローンに関しては例外的に上限を無くして契約することが出来る様になっているので、この状況であれば専業主婦であっても高額な借り入れできる可能性があります。

ただし、銀行系キャッシングと比べると条件が劣る可能性が高いので、可能な限り銀行系キャッシングを利用しておまとめした方がお得です。

 

どうしても銀行系キャッシングを契約することが出来ないような状況に限り、消費者金融系のキャッシングを選択するようにしましょう。

 

ヤミ金融と言う言葉は漫画や映画などで頻りに聞く用語ですが、

現実でも色々な厄介物となっています。

思わず闇金に手を出してしまうなどしてもつれが生まれてしまった、などと言ったことが起こら100%ないためにも、貸金企業を選ぶ時には十分に注意が必須であるのです。

 

国民生活センターや弁護士の組織などという、色々な形の相談ごとが話せる窓口が在ります。

 

どの様な機関なら気軽に話せるのかなどと言った自身が合っていると思う相手先を選び取ると言う事も可能ですから、キャッシングの縺れが生じた時は躊躇う事なく相談事を聞いてもらいpすることが大切です。

 

町角に見る様な散らしや郵便うけに投げ込まれていたようなちらしなどに関しては、ヤミ金融の物がたいへん多い。

 

そういった物には借入れが多い人であったとして心配は要りません、などの甘い言葉で誘い込みをかけるのがやり口ですので、

其れに巧く騙されてキャッシングしてしまうといった事が無い様に気をつけることを心がけるようにしましょう。

 

キャッシングのトラブルの内でも、多重の借財の解決と言う物は自分の力のみでというのは簡単なものではないと言われているようです。

 

弁護士ですとか司法書士に相談する事で今後どうすべきであるかを探してもらうと言ったことが出来るので、できるだけ早くから動く事で問題解決を狙いましょう。

 

払渡しが繰り延べることをを回避したいが為、借入している所以外の金融機関からお金を借りてしまう出来事が大変多く見ます。

 

綺麗に解決出来るのならばいい話なのですが、もしかしたら積み重なってしまった負債への入り口にもなってしまいます。

ですので自己規律はしっかり行うようにしましょう。

-無職お金借りる
-

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.