お金借りる審査

残価設定ローンとは 残クレの落とし穴 メリットデメリット解説 金利計算が重要

更新日:

新車を購入する時によく聞かれるのが、残価設定ローンです。

残価設定ローンは新車が半額で購入できる、毎月の支払いが半分になるという謳い文句で宣伝されています。

ただし、残価設定ローンのメリットとデメリットをしっかりと知っておかないと失敗してしまう可能性があります。

残価設定ローンを残クレと略します。

残クレは数年後の車の査定額をあらかじめ差し引いた分を支払います。

車の購入時に数年後の下取り価格を先に差し引いておいておく方法で、3年程度で相場的に半額程度になるので半額で新車が購入できます。

ローンの満期を迎えた時に選択肢があります。

残価を返済せずに車を手放す、

残価を現金一括払いで支払って車を買い取る、

残価をまたローンを組み直す

 

といった方法です。

これら残価設定ローンになりますが、明確なメリットとデメリットがあります。

残価設定ローン(残クレ)のメリット

残価設定ローンの一番のメリットは、月々の支払いが安くなり、負担が大きく減ります。

ローンの満期時に選択肢がありますから新しい車にすぐに乗り換えたいという方には便利です。

気に入った場合は買い取る事も可能です。

m001-049

残価設定ローン(残クレ)のデメリット

一方の残価設定ローンのデメリットは月々の支払いが安くなる代わりに通常のローンよりも金利が多く取られます。

 

自動車メーカーからしても車の買い替えを促進する事ができます。

ローンの部分を深く触れずにメリット部分を強調して営業をしている事が多いです。

しっかりとした知識でデメリット部分を知っておかないと損をしてしまいます。

残クレは下記項目があるので、車の運転にも制限があります。

ローン満期時に車を返還する、

ローンの金額は決まっている

例えば、走行距離に制限があります。

走行距離が増えると車の価値が下がってしまい、先に支払っていた金額分を超えてしまう可能性があるので制限があります。

一般的に月の走行距離が1000kmから1500kmが目安です。

3年の場合は4万kmを超えると違約金が発生してしまい、返却時に請求される可能性が高いです。

車の傷や凹みがあれば査定で減額されますので細心の注意を払って運転する必要があります。

自分の車なのに自分の車ではないような感じになってしまいます。

臭いや汚れもそうですが、車をドレスアップしたり、デコレーションしたりと良い方向に改造した場合も対象で、購入時の状態に戻す必要があります。

 

返却できないくらいの損傷があると当然返還できません。

必ずといっていいほど車両保険に加入させられます。

ローンを組んで残価が残りますが、この残価に対しても金利が発生してしまいトータルで高くなる計算です。

m001-084

残価設定ローンの実例

100万円の新車を残価設定ローンで購入すると3年で半額の50万円を支払います。

金利は50万円ではなく100万円に対してかかり、結局は全額の金利が発生しています。

毎月の支払いが少ないのトータルが高いという事は支払いを最後に回しているだけの状況です。

その最後の支払いを手放すか、一括で支払うか、分割で支払うかといった選択ができます。

これは人によってはメリットかもしれませんし、デメリットに感じる人もいます。

自分のスタイルに合っているかが大事です。

 

注意点としましては再び分割支払いをする時に金利が再発生するので金利計算をして、どの方法が一番得になるのかを計算するのが重要です。

通常のローンで購入する場合と残価設定ローンで購入する場合に最終的にどちらが安くなるかを考える事が重要です。

 

車の購入全額に金利がかかり、残りの分割支払いにも金利が発生しています。

シミュレーションをしておく事が大切です。

 

また残クレだと月々の支払いが少ない分だけ元金が減りません。

利息の支払いが多くなってしまいます。

 

同じ金利で同じ期間であっても支払い総額に大きな開きが発生してしまいます。

よく中身を考える必要があります。

一般的に通常ローンよりも残価設定ローンの方が金利を高く設定している事が多く、できるだけ低い金利で契約してくれる銀行などを探す事が大事です。

こういったメリットとデメリットがある上で得に感じる人は数年毎に車を乗り換えたい人、短期間だけ車が必要な人といった方になります。

それ以外の方の場合は長期ローンに加入した方が最終的に安くなります。

途中で新車に乗り換えたくなった場合もディーラーへの下取りではなく買い取り業者を利用して売却した方が高く売れる場合もあります。

目先の金額だけではなく全体的に見る事が大事です。

 

もちろん毎月の支払いを安くして新車が欲しい方にとってもメリットになります。

デメリット部分を分かった上で利用すると良いでしょう。

中途解約ができるか、事故が起きたらどうなるか等の詳しい部分は、契約書に違約金も含めて書かれていますので、しっかりと読んでください。

押さえておきたいキャッシングの要点

 

お金を借り入れする時に前もって基本知識や情報として、借入れのやり方はどのようなものか確かめておくのが良いでしょう。

 

指定口座への振込みにすれば良いのかATMでの現金引き出しか、なるべく早くかゆっくりでかまわないかなど、

どういった手順を用いて借入金の受け取りをするかを調べておく必要があります。

即日融資を受ける場合、消費者金融といったキャッシングの会社を利用する場合は、普通は銀行等から借りるよりも審査が比較的簡単です。

 

WEBを使えば利用開始手続きから借入れをするまでを終えられる会社はいくつもあります。

キャッシングの返済もコンビニからお手軽さが受け入れられています。

 

銀行や信販会社、消費者金融等での融資利用の時は、身分証明書として免許などが普通は求められます。

また免許を所持していないときの書類として健康保険証やパスポートなどのように生年月日や氏名、本籍地が証明できる書類の提示がいります。

 

できればすぐにお金が必要でキャッシングする必要がある際は、WEBからの申し込みが早いでしょう。

業者により差はありますが30分もあれば審査を通過し、指定した口座へ振込みしてもらえるのです。

街で見かける自動契約機等の利用でも、その場でに借り入れできます。

キャッシングの申し込みをしてから融資を受け返済完了といった、キャッシングの手続きについて把握しておく事によって基本的なポイントもよく理解でき、キャッシングを利用にあたっても安心です。

 

そのためにwebを用いて情報を読んでおけば、様々な情報を便利に知ることが可能なのです。

 

-お金借りる審査

Copyright© キャッシングライフスタイル 自分に合ったカードローン探し , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.